エアシティ 第10話「 犯人を追え 」

今回のエアシティは新たな事件と敵の登場を告げる回でした。サイバーテロは空港に何かを仕掛ける一つの攻撃手段にしかすぎなかったようです。

諜報員と一緒に空港へ急きょ戻るハン・ドギョン室長は飛行機が飛んでいないことに気づきます。新たな危機が予感されます。それにしても、このドラマにあるように次から次へと事件が発生していると完全に空港機能は麻痺してしまい空港幹部は全員管理能力なしで更迭されていると思うのだけどドラマのお約束というやつか。

飛行機が飛んでいないのは管制コンピュータの障害かと想像したのですが、実は荷物を仕分けする(多分)コンピュータがダウンしているため。人海戦術では10000個の荷物には対応できない。そこで室長はオープン直前の第二ターミナルを使うことを思いつく。これでことなきを得て、ダウンの原因も監査チームの調査によりウィルスによるものと判明。カン・ハジュンの私物パソコンから大量のハン・ドギョン室長の生写真が白日の元にさらされるというオマケはあったものの一件落着と思われた。

エア・シティ オリジナルサウンドトラック
edit

エア・シティ オリジナルサウンドトラック
TVサントラ、東方神起、天上智喜 feat.JEJUNG from 東方神起、カンタ、ヒョンジン、天上智喜 feat.Super Junior_ギュヒョン
エイベックス・エンタテインメント
¥ 3,059 (定価)
¥ 2,727 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
CD
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:30現在)

ところが、今度は爆弾騒ぎ。電話を逆探知して爆弾男を捕まえてみるといたずらと判明。男によると300万ウォンで頼まれてやったと供述。

一方、キム・ジソンは偽札作りの犯人を追っていた。8人で彼の周りを固めて決定的瞬間を取り押さえようとしていた。ところが、8人が気づかないうちに偽札作りの男は何者かに殺害されていた。

荷物を制御するコンピュータのウイルス騒ぎと偽札作りとの連絡に使われたメールアドレスが同一だとわかり、一連の事件が関係を持つ。さて、これらの犯行は何を意図したものなのか?

かなり面白そうな事件の始まりです。このままの面白さを最後まで維持すると傑作といえるのだが、果たして。

コメント

タイトルとURLをコピーしました