ファン・ジニ 第1話「三千拝の願い」

今回のファン・ジニは「落花流水」

ファン・ジニの初回はちょうど、我が家のある横浜では桜の花びらが散って、矢上川や鶴見川に落ちています。ピンクの花びらが川面に見るのはなんだか物悲しいです。美しかった満開の桜も終わりかと。

ファン・ジニが松都の教坊の行首(ヘンス)のペンムに舞って見せた踊りの感想を聞かれて悲しいと答えたことに対して、落花流水という言葉をおしえていました。落花流水は元々は中国の言葉だと思いますが、中国、韓国、日本と同じ文化圏かなーと思わせるシーンでした。

ファン・ジニ 1 (1) (ハヤカワ文庫 NV キ 11-1) (ハヤカワ文庫 NV キ 11-1)
edit

ファン・ジニ 1 (1) (ハヤカワ文庫 NV キ 11-1) (ハヤカワ文庫 NV キ 11-1)
キム タクファン
早川書房
¥ 600 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
文庫
在庫切れ
(価格・在庫状況は12月18日 15:30現在)

願ったものはあきらめないファン・ジニ

ファン・ジニの冒頭に三千拝するチニの姿を持ってきたのは、ファン・ジニがこうと決めたら誰も止めることの出来ない強い信念と実行力を持つということを強く印象づけるもの。僧侶から妓生(キーセン)になりたいことを咎められ、独房に入れられ3日間飲まずくわずでも音を上げずに妓生になることをあきらめなかったシーンはその印象を補強するもの。

出生の秘密を持つファン・ジニ

寺で母を知らずに育ったチニ。実はチニの母は妓生(キーセン)であった!!でたーーー韓国ドラマお得意の出生の秘密!

ファン・ジニは独房を自分一人で脱出してしまうが、待っていればペンムが迎えにきてめでたく出れるはずであった。脱出してしまったために実の母親のヒョングムが拷問にかけられてしまうことに。そして、ヒョングムがチニを見つけられないようにと頼った謎の男、オムス。一体誰? NHKの人物相関図の説明読めばわかる・・・orz。

ファン・ジニの初回はファン・ジニの人となりの紹介と妓生(キーセン)との出会いを説明的ではなく、ぐいっと興味を引く形で観せてくれました。

早く、ハ・ジウォンさんの艶姿を見たいのですが、子役のシム・ウンギョンがとてもいい演技していて可愛いのでもう少し見たい気も。太王四神記のスジニ役もしていたり春のワルツでもイナの子役をしていたりと注目の子役でしょうか。

次回が早くも待ち遠しいです。

コメント

  1. とん子 より:

    stanakaさんおはようございます。
    落花流水は中国の言葉だったんですねえ!!元々韓国も日本も中国から伝わったものが多いですから。特に明(中国)と密接な関係にあった韓国はねえ!!
    三千拝のシーンは後にジニが妓生になることをあきらめなかった強い決意の前触れだったんですね。いやあ~~さすがstanakaさん、鋭い指摘です♪♪
    太王といいこのドラマといい、シム・ウンギョンちゃん大活躍ですね。ひょっとしてNHKの土スタでも紹介されるのかな?

  2. stanaka より:

    とん子さん、こんばんは。
    そうなんです、落花流水と聞いて、思わずググってしまいました。原語ではどんな風に言っているのだろうと興味のある所でした。
    ファン・ジニの強い決意はチャングムに通じるものがあるなぁと思ってみてました。軽い気持ちで約束なんて出来ませんよね。
    >ひょっとしてNHKの土スタでも紹介される
    まだ、公式HPの今後のゲストにはラインナップされていませんね。←気が早すぎる?

タイトルとURLをコピーしました