ファン・ジニ 第5話「許されぬ定め」

今回のファン・ジニは「身分制度」

これでもかというくらいに、当時の朝鮮王朝の身分制度について描いていましたね。お坊っちゃまのウノについては見ていてイライラしてくる弱さ! よくぞ、そんな弱気の絵に描いたお坊っちゃまでチニのことを好きになったものだとテレビに向かって突っ込みを入れてました。チニはチニで、さっさとウノ坊っちゃまのことを捨てるのかと思いきや・・・・未練たらたら。どこがいいんだっ!! と、これまたテレビに向かって文句を言っておりました。ふっーーー。

ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック
edit

ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ、キム・ジョンウン、チェ・ヘジン、KCM
PONYCANYON INC.(PC)(M)
¥ 3,150 (定価)
¥ 2,809 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
CD
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:31現在)

師の愛と母の愛

ヒョングムが騒ぎを聞きつけてやってきますが、チニが下げさせます。そのあとに、ペンムがやってきてウノの母が怒りに任せて熱湯をチニにかける寸前に文字通り身を挺して守りました。

この時、ウノがペンムの代わりに身を挺して熱湯を被っていたら、展開は一挙にラブストーリへなだれ込むはずですが、ウノは立ちつくすばかり。あーーーあ、情けない。←いや、自分だって同じ立場に立てば体を動かすことはできないと思う。けど、チニを愛する男性ならそれくらいしなきゃ釣り合わないと思うわけ。

ペンムはチニに芸の肥やしにせよというアドバイスを与えて、傷心を癒すために特訓をさせます。

このときのハ・ジウォンの悲しみを堪えて吹っ切りながらも切なさを持った表情はうまい。

今回はチニに対して、ペンムの行動が際立った回でした。ヒョングムはチニとウノの様子をオムスに探らせるだけで友好な手は打てていない。

カウンとチニ

ウノの婚約者であるカウンはチニを呼び出し、今度したらペンムの首をすげ替えると父親の権威をバックにプレッシャーをかける。

カウンは弱そうに見えて芯のしっかりした娘だ。弱虫ウノには最適な嫁だと思うのだが。当時の身分制度を考えるとこのようなプレッシャーをかける行為は別に悪くも何でもないだろう。

ただ、カウンがチニを見たときに以前会った子だという認識とウノを惹きつけた魅力に気づいて嫉妬したのでしょうね。だから、かなりキツい口調と内容になったのでしょう。

トクパルとウノ

ウノがトクパルの目を盗んで、塾から教坊へ行った責任をとらされてトクパルは折檻を受ける。瀕死のトクパルに打撲に聞く飲み薬を差し入れるウマは本当に気のいいお坊っちゃま。ウノの勝手な行動でトクパルが死にそうな目にあっているのにそれだけかよ。

ウノは年上のトクパルに命令できる身分制度に疑問を持ち始める。ただ、皮肉な見方するとそれってチニと正式に付き合いができない身分制度に疑問を持って言い換えて言っているだけじゃないの?

それでもトクパルはウノが人間扱いしてくれたと感激して、折檻されたあくる日にチニにウノの手紙を届けるのであった。

ソムソムとチャンイ

なんだか、唐突な二人の恋模様が描かれているように思えたが、こちらも身分制度ゆえの悲恋。キーセンと下男というのも結婚できないのかな?? まあ、下男ごときが大事なキーセンに手を出したら大変だというのはわかるが。この二人の展開はこの後もあるのかな?

ウノとチニ

手紙をもらってチニは二人の関係を清算するために会いにいきます。でもね、会えば会ったで心に火が着いてしまうでしょう? ほーら、通り道に花をしきつめて、東屋の入り口にはこれみよがしに紐が垂れ下がっている。引っ張ると指輪が・・・。そして、チニはウノから指輪を指にしてもらうのでした・・・。

  1. 冬のソナタの雪玉に入れたポラリス・ネックレス
  2. 秋の童話のゴルフのカップに入れたアクセサリー(えっーとなんでしたっけ)
  3. 美しき日々で花をハート型にしきつめた・・・。

こういう、恋人への派手なプレゼントというのは韓国人は普通にやるのかしらん? そもそも朝鮮王朝の時代にするか?と突っ込むのはヤボなんでしょうね。そもそも、あれだけの花を摘んだのはウノ一人なのか? 実はウノはトクパルに指示を出しただけだったりして?!

あのファースト・キスシーンは船橋莊という江源道江凌市にあり、1965年、国家指定重要民俗資料第5号に指定された場所で撮影したという情報があるのですが、写真と今回のドラマの映像とが一致しない。本当はどこ?

いずれにしろ、この恋の行方はどちらかが徹底的に傷つかないと終わらない様子。チニは芸の肥やしにするのか。楽しみ。

コメント

  1. とん子 より:

    stanakaさんおはようございます。
    いやあ~~相変らずウノに対しては手厳しいですね(笑)まあ確かに世間知らずのお坊ちゃまですわなあ~~~!!
    気持ちは分かるけど、あんなことがあった後、チニに会いに行っちゃあいかんですわ。
    仰るとおり、身分制度がこれでもか~~てなくらいに私たちにまざまざと見せ付けられた回でしたね。
    だからチャングムが王様の主治医になるっつうことは天と地どころか地球がどうにかなっちゃうくらい画期的なことだったんでしょう(そうじゃないと歴史に名を残せない)

  2. stanaka より:

    とん子さん、こんばんは。
    なぜに、ウノに対してきついのか??? ビジュアル面はまあ除いて、他の部分--特にあのうじうじってしたところが私に似ている。鏡を見ているようで嫌です。
    >チニに会いに行っちゃあいかんですわ。
    チョンホのように身分剥奪され流刑されるという覚悟がなければだめですよね。

  3. 猫型人間 より:

    stanakaさん、おはようございます:joyful:
    以前アニソン特番を録画したビデオテープの中に、偶然冒頭の対決部分が入っていたので今さらですが見ました:6v6:
    >ペンムがやってきてウノの母が怒りに任せて熱湯をチニにかける寸前
    「ガラスの仮面」で、家出したマヤを連れ戻しに来たお母さんからかばった月影先生のようでした:ahhh:
    >下男ごときが大事なキーセンに手を出したら大変
    昔の日本や現代のネオン街でも「女性は金の卵を産んでくれる大切な:**:」なので、職場恋愛は厳禁だそうです:roll:
    セレブなお客を見慣れている女性の方も、男性スタッフ程度は「しもべ」目線でしか見ていないとか:??
    >派手なプレゼントというのは韓国人は普通にやるのかしらん?
    現代の一般人でもペアウォッチを送り合ったり、交際が始まってからの日数を記録してくれるペア携帯を持っていたり位のことを普通にやるそうです:hahaha:

  4. stanaka より:

    猫型人間さん、こんばんは。
    ガラスの仮面は知らないのですがありがちなシーンでしたね。まあ、普通は熱湯ではなく水でしょうが。

タイトルとURLをコピーしました