日本ドラマのリメーク

日本ドラマのリメーク、明暗を分けるポイントはどこに?(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
日本ドラマのリメーク、明暗を分けるポイントはどこに?(2) | Joongang Ilbo | 中央日報

日本ドラマのリメークについて考察している記事が面白かったのでご紹介。

「女王の教室」リメーク版は失敗作?

日本ドラマのリメーク、明暗を分けるポイントはどこに?(1) | Joongang Ilbo | 中央日報ではMBC『女王の教室』が考察のメインで挙げられている。

 

第8回が放送されたこれまでの成績は期待以下だ。4日の視聴率は9.5%。

とあるように失敗例として「女王の教室」が取り上げられている。日本では演出により童話だと視聴者にわかるような配慮がされているのに対して、女性教師役のコ・ヒョンジョンは”血と肉が感じられる現実の人物のように見られて”とあるように童話として感じさせる演出がされていないのが失敗ではないかと分析している。

もう一つの要因としてリメークする際に韓国化していくという部分ができていないと指摘しているがどのようにすれば良かったまでは書かれていない。

どうすれば良いのか? 今後のリメーク作品は?

成功するには韓国に適合する原作かを判断することとあるが具体的な記述はない。韓国化が大事だという点を、4部作『彼女たちの完璧な一日』は、日本ドラマ『名前をなくした女神』(2011、フジテレビ)と似ているという点から韓国的な再解釈が重要としている。

KBS『職場の神(日本の“ハケンの品格”)』は、非正規職という素材自体の力で注目されたが、後半部に挿入されたロマンスが無駄であった。

職場の神 韓国ドラマOST (KBS) (韓国盤)
B00CPJKJRI

という指摘が韓国的な再解釈が重要という点とミスマッチしているな~。

そして、今後のリメークは『家政婦のミタ』や、『1リットルの涙』がそれぞれSBS、MBCでリメークされる予定。。どんなリメークになるか興味津々です。特に『1リットルの涙』はどんな風にリメークするのだろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました