朱蒙(チュモン) 第36話

今回のチュモンは2つの復活とクーデター

意識を取り戻したクムワ王。そして、チュモンも意識を無くして川を漂っていたところを友好的な部族に助けられます。これで、クムワ王=チュモン連合の力は復活かと思いきやそんなに簡単にいけば脚本家はいらない。←何のこっちゃ。まだまだ、試練は続くようです。

<img src="http://images.amazon.com/images/P/B000Z7AI50.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" width="121" height="160" border="0" class='imgshadow' alt="朱蒙〔チュモン〕第二章 後編(1) ” />
edit

朱蒙〔チュモン〕第二章 後編(1)

フジテレビ
¥ 13,440 (定価)
¥ 2,367 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
DVD
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:30現在)

クムワ王復活

ヨミウルの命懸けの2回のヒーリングとユファの寝食忘れた懸命の介護により奇跡的に意識を取り戻したクムワ王。速攻で挨拶する王妃、テソ、ヨンポ。「父上が亡くなったら、私も後を追うつもりでした」などと言うヨンポ。テソと違いヨンポの場合、多少は父への尊敬を感じるのはヨンポの坊ちゃま気質のせいだろうか。

クムワ王は自分が意識を無くしていた間のテソの行動を知る。さらにはチュモンが行方不明であることも。ヨミウルが治療にあたったことは伏せたのかな?

クムワ王は自分の王権が危機にある、ことを認識し、大将軍を呼び密かに兵を動員準備するように命令する。テソに移ってしまった権力を再度取り戻す行動を起こす。

しかし、その行動はテソにキャッチされており、四出道から兵士を呼んでおり、今や時間との勝負。クムワ王はそこまでの情報を知らないために、自分達のタイムテーブルで進めるのみ。

結局はテソの行動の方が早く扶余城を制圧されてしまい、大将軍の軍は城外で閉め出され有効な兵力とはならず。

テソはそのような状況を背景にクムワ王に自身の摂政就任を認めさせる。

三足烏の復活

ハンベク族に助けられたチュモン。意識は戻らないまま族長の娘、ソヤがかいがしく看病する。遠い昔、ユファが川で息も絶え絶えのヘムスを見つけた時のように。

完全にこのシーンはユファとヘムスにこの後、何が起こったことが、チュモンとソヤにも起こるであろうことが暗示されている。

このまま平穏に推移すればチュモンは遠からず扶余に戻れたはず。しかし、ここでインシデントが発生してしまう。ソルタク行首がクーデターを起こしてしまい、チュモンは客人から人質になってしまう。

ケルでは巫女が三足烏の復活を霊視していた。ヨミウルはモパルモを呼び翼の折れた三足烏を救うように命じる。

ソルタク行首はチュモンが扶余の王子と聞いて、漢へ引き渡すことを計画する。モパルモ達の捜索は間に合うのか?

今回のチュモンは2つの復活とクーデター

意識を取り戻したクムワ王。そして、チュモンも意識を無くして川を漂っていたところを友好的な部族に助けられます。これで、クムワ王=チュモン連合の力は復活かと思いきやそんなに簡単にいけば脚本家はいらない。←何のこっちゃ。まだまだ、試練は続くようです。

クムワ王復活

ヨミウルの命懸けの2回のヒーリングとユファの寝食忘れた懸命の介護により奇跡的に意識を取り戻したクムワ王。速攻で挨拶する王妃、テソ、ヨンポ。「父上が亡くなったら、私も後を追うつもりでした」などと言うヨンポ。テソと違いヨンポの場合、多少は父への尊敬を感じるのはヨンポの坊ちゃま気質のせいだろうか。

クムワ王は自分が意識を無くしていた間のテソの行動を知る。さらにはチュモンが行方不明であることも。ヨミウルが治療にあたったことは伏せたのかな?

クムワ王は自分の王権が危機にある、ことを認識し、大将軍を呼び密かに兵を動員準備するように命令する。テソに移ってしまった権力を再度取り戻す行動を起こす。

しかし、その行動はテソにキャッチされており、四出道から兵士を呼んでおり、今や時間との勝負。クムワ王はそこまでの情報を知らないために、自分達のタイムテーブルで進めるのみ。

結局はテソの行動の方が早く扶余城を制圧されてしまい、大将軍の軍は城外で閉め出され有効な兵力とはならず。

テソはそのような状況を背景にクムワ王に自身の摂政就任を認めさせる。

三足烏の復活

ハンベク族に助けられたチュモン。意識は戻らないまま族長の娘、ソヤがかいがしく看病する。遠い昔、ユファが川で息も絶え絶えのヘムスを見つけた時のように。

完全にこのシーンはユファとヘムスにこの後、何が起こったことが、チュモンとソヤにも起こるであろうことが暗示されている。

このまま平穏に推移すればチュモンは遠からず扶余に戻れたはず。しかし、ここでインシデントが発生してしまう。ソルタク行首がクーデターを起こしてしまい、チュモンは客人から人質になってしまう。

ケルでは巫女が三足烏の復活を霊視していた。ヨミウルはモパルモを呼び翼の折れた三足烏を救うように命じる。

ソルタク行首はチュモンが扶余の王子と聞いて、漢へ引き渡すことを計画する。モパルモ達の捜索は間に合うのか?

今回のチュモンは2つの復活とクーデター

意識を取り戻したクムワ王。そして、チュモンも意識を無くして川を漂っていたところを友好的な部族に助けられます。これで、クムワ王=チュモン連合の力は復活かと思いきやそんなに簡単にいけば脚本家はいらない。←何のこっちゃ。まだまだ、試練は続くようです。

クムワ王復活

ヨミウルの命懸けの2回のヒーリングとユファの寝食忘れた懸命の介護により奇跡的に意識を取り戻したクムワ王。速攻で挨拶する王妃、テソ、ヨンポ。「父上が亡くなったら、私も後を追うつもりでした」などと言うヨンポ。テソと違いヨンポの場合、多少は父への尊敬を感じるのはヨンポの坊ちゃま気質のせいだろうか。

クムワ王は自分が意識を無くしていた間のテソの行動を知る。さらにはチュモンが行方不明であることも。ヨミウルが治療にあたったことは伏せたのかな?

クムワ王は自分の王権が危機にある、ことを認識し、大将軍を呼び密かに兵を動員準備するように命令する。テソに移ってしまった権力を再度取り戻す行動を起こす。

しかし、その行動はテソにキャッチされており、四出道から兵士を呼んでおり、今や時間との勝負。クムワ王はそこまでの情報を知らないために、自分達のタイムテーブルで進めるのみ。

結局はテソの行動の方が早く扶余城を制圧されてしまい、大将軍の軍は城外で閉め出され有効な兵力とはならず。

テソはそのような状況を背景にクムワ王に自身の摂政就任を認めさせる。

三足烏の復活

ハンベク族に助けられたチュモン。意識は戻らないまま族長の娘、ソヤがかいがしく看病する。遠い昔、ユファが川で息も絶え絶えのヘムスを見つけた時のように。

完全にこのシーンはユファとヘムスにこの後、何が起こったことが、チュモンとソヤにも起こるであろうことが暗示されている。

このまま平穏に推移すればチュモンは遠からず扶余に戻れたはず。しかし、ここでインシデントが発生してしまう。ソルタク行首がクーデターを起こしてしまい、チュモンは客人から人質になってしまう。

ケルでは巫女が三足烏の復活を霊視していた。ヨミウルはモパルモを呼び翼の折れた三足烏を救うよ
うに命じる。

ソルタク行首はチュモンが扶余の王子と聞いて、漢へ引き渡すことを計画する。モパルモ達の捜索は間に合うのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました