太王四神記 第10話「雨に流された絆(きずな)」

今回の太王四神記は「選ばれた人になりたかったホゲ」

ホゲになかなかドラマの焦点があたらない。主役ではないので仕方ないけどタムドクが表としたら裏になる役のホゲなんだから、もっと目立たないといけないと思う。今回もキハに絡んでいただけ。

自分の少年時代を思い返すと「選ばれた人」というのになったらと夢想したものですし、ひょっとして自分は「選ばれた人」になれるかもと思ったりもしました。やがて学生となり社会人となるにつれ「普通のどこにでもいる人」だったと思い知らされるのでした。

ホゲもドラマの位置づけとしては「普通のどこにでもいる人」(彼の能力からすると普通ではないのですが、タムドクという人と比較するとです)な訳です。でも、ホゲの少年時代はきっと彼の母親であるヨン夫人はきっと、「おまえはチュシンの星に生まれた王になる運命の人」と言いつづけていたことでしょう。ホゲには小さいころから「選ばれた人」という刷り込みがされていた。そこへ、普通以下と思っていたタムドクが突然極めて高い能力を示すし、さらにまぶしい光に包まれて消えてなくなるという神性まで示してしまう。ホゲにとっては極めて不愉快な成行といえるし、キハまでが想い人なんて言葉でタムドクを語る。

「選ばれた人」ではない凡人は努力なしには高みに行けないのは世の常。何も悲しむことはないのだホゲと励ましたくなる。

太王四神記 公式ドラマ・ガイド 後編
edit

太王四神記 公式ドラマ・ガイド 後編

講談社
¥ 1,470 (定価)
¥ 1,470 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:31現在)

事実は権力者の頭の中にある

ヤン王の殺害に使われたと思われている神剣を第三近衛隊長のカクタンがその神剣をタムドクに渡した事実より、ヨン・ガリョは実行犯カクタン、首謀者タムドクと強引に論理展開。

タムドクは第三近衛隊長のカクタンより、ヤン王と一緒にいたキハが神剣を握っていた事実を見て殺害したのはキハと思ってしまい、そのことを聞いてしまっている。

ヤン王も紛らわしい死に方をしてくれたものです。ホゲをとにかく王にしたい、ヨン・ガリョはヤン王を殺害したのはタムドクだという決め付けをします。その決めた事実に目がけて捏造していくやり方。伝統あるやり方で現代でも某国の某警察がやっていることと同じ手法。

誤解による別れ

キハを待つタムドクのところに襲撃者がやってくる。雨が降っている中を戦うタムドクとその姿を泣きながら見ているキハ。これで決定的にタムドクとキハはわかれることになるのだろうか?

さて、貴族や王族を裁くやり方にカウリ剣がある。被告人にカウリ剣を突き刺し無実だったら死なないというもの。まさしく、お上品な処刑システム。その処刑システムの前にのこのことタムドクはやってきました。さて、どうなるのか?

コメント

  1. とん子 より:

    stanakaさんおはようございます。ホゲを見てるとグミョン@大長今を思い出します。チャングムに一生コンプレックスを抱き、代々最高尚宮を出した名門チェ一族!
    ホゲの場合も名門ヨン家一族のお坊ちゃまですよね。
    構図も環境も共通するところがいっぱいあります。
    ヤン王て人、本当最期まで人騒がせですよね。タムドクを急激に即位させたり、自害したのにいつのまにかキハが殺したってなってるし。周りに迷惑をかけといて自分はさっさと幕を下ろしたって感じがします。

  2. stanaka より:

    とん子さん、こんばんは。
    確かにクミョン vs チャングムの構図ですね。
    ただ、ホゲにとってさらに分が悪いのはタムドクは神様に近い存在ということで、いくら努力しても追いつけない・・・。
    ホゲはどのようになっていくのか興味のあるところです。

  3. 「太王四神記」第10話「雨に流された絆」

    (2008/2/16記述) 2話連続で更新すると、どの話がなんだったか忘れていたりするんですけど(おい)、覚えている限りでコメントを。 それにしてもこのブログ、最近ドラマ以外のネタを挙げていないですね…(^_^;)。

  4. Sayopee より:

    こんばんは。
    TBしましたのでよろしくお願いします。
    ヤン王ですが、完全版の字幕は見直さないと思い出せないですが、吹き替え版のセリフだとキハが自分を殺したと思わせたかった用にも感じられました。とにかくタムドクを王位に就かせるために、キハとタムドクを離したかったわけですから。
    ホゲが全然気にならない私は、タムドクに入れ込みすぎでしょうか(お。

  5. 猫型人間 より:

    stanakaさん、おはようございます:6v6:
    私にとってはスジニの尻のたたき方の見事さが印象に残った回でした:joyful:
    さすがは「飼いならされた自由な鷹」です:wink:
    >「普通のどこにでもいる人」だったと思い知らされる
    大人になるための通過儀礼ですね:|
    ホゲの性格は、エリートにありがちな「人生のハードルを越えていない=大人になりきれていない」印象も受けてしまいます=:[
    >刷り込み
    ヨン夫人、死に際まで「王位を横取りされるな!」と言っていましたし刷り込みというよりマインドコントロールに近いですね:*o*:
    >カウリ剣
    中世ヨーロッパの魔女狩りのようですが、今のタムドクにはチョルロ部族とカクタンの汚名を返上する責任もあるので無事やり過ごしてくれるよう願います。
    ヤン王の行動、私は神話時代のファヌンに近いような気がします:ase:

タイトルとURLをコピーしました