太王四神記 第12話「戦いの準備」

今回の太王四神記は「戦略」

ヨン・ホゲの百済を討つ戦略は「龍の魂と虎の心臓」だそうです。なんとも、かつての日本軍の敢闘精神に等しい考え方。ヨン・ホゲは頭で考えるよりは行動が先にくるタイプかな。ヨン・ホゲを支持している貴族たちも勇ましい発言にうなづいているので、軍師タイプは誰もいない感じ。絶奴(チョルロ)部族のフッケは行動が先のタイプ。「戦というものは勝つ覚悟をして出向くものであり、勝つための準備をして出向くものではない」そうな。いやーーーそれは絶対違うと思うぞ。

コムル村の人たちは情報機関+参謀チームというような位置付けだけど孔子のような戦略まで考えられるタイプではない。タムドクが戦略を考えながら軍師的な役割もになうというパターンか。

軍の面で言うと、重要なイベントとして

  1. チュムチを傭兵として参加させることに成功
  2. 兵站の能力を持つパソンを見出せた

タムドクをヨン・ホゲと対照的に見せるために戦略兵站を重視するリーダとして描くのでしょうね。

太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(DVD付)
edit

太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(DVD付)
久石譲、ジュンソ、東方神起
エイベックス・トラックス
¥ 3,465 (定価)
¥ 3,090 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
CD
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:31現在)

タムドクとキハ

タムドクもキハもお互いのことを未だに愛しているにも関わらず、ヤン王殺害の嫌疑により依然と二人の心は離れていく。その反対にスジニとタムドクとの間は微妙に近づいている。スジニはタムドクの妹的な位置づけだけどこれが徐々に変わっていくのかな。

キハは火を付ける能力が増し、消す能力がなくなるし、生きる目的が出来たというキハの言葉により"できちゃった"ことを暗示している。

百済への出兵

ソソノ(召西奴)の息子が建国した百済。ここへ出兵するというのは目的は懲罰、侵略、神器のどれなんだろう。ちょっと以前からの流れがとらえられていないのでまごつく。

タムドクはヨン・ホゲの出兵をそのままだと成功しないと考えており支援するために策略をめぐらす。

ヨン・ホゲの本隊が攻めている隙にタムドク率いる別働隊が西側の百済の拠点を討つ。驚いた百済の部隊が救援のために引き返した瞬間に後ろからヨン・ホゲ本隊が襲いかかるというシナリオ。

その前提を成立させるために、

  1. 別働隊の準備時間を稼ぐために本隊の開戦を遅らせる。
  2. 各個撃破を成功させるために本隊と別働隊の戦いの場の距離をあけさせる

この戦いに勝利することにより東西の百済の間にある海への出口を手に入れることができる。

さて、タムドクがヨン・ホゲ率いる本隊の開戦を遅らせるために送り込んだ騎馬隊にキハも同行するそうな。キハは戦場に出て大丈夫か? 火天会の長老はキハの体の異変にはまだ気づいていないということか。次回は戦闘シーンが楽しめそうです。

コメント

  1. 「太王四神記」第12話「戦いの準備」

    (2008/02/29記述) 恋愛部分はあまり考えなくても理解できるのですが、王座の争いに関わるところはじっくり理解してみないと難しくて付いていけないなあ(お。

  2. Sayopee より:

    TBしましたのでよろしくお願いします。
    完全版を見ていたときには戦いのところはあまり理解せずに見ていたので、吹き替え版でふむふむと納得している次第。
    恋愛部分も重要ですが、王としてどのように国を治めていくかにもしっかり注目してみなくちゃいけませんね。

  3. とん子 より:

    stanakaさんこちらにも失礼します<(_ _)>
    キハが妊娠したとなるとますます彼女の人生は過酷なものになっていきますね。今でさえボロボロなのに(涙)
    この物語って神の意思によって生まれた子タムドクと人間が王になろうとした男ホゲの対比も描かれているんですよね。

  4. stanaka より:

    Sayopeeさん、こんばんは。
    タムドクは立派な王になりたいとは言っていましたが、どんな風に国を運営していくのかという点は語っていないように思います。これからそんなシーンはあるのでしょうか?
    とん子さん
    神 vs 人間 という構図になってしまうのですが、そう考えると人間である私は勝ち目のない戦いをしていることになり、ちょっと悲しい気持ちがします。

タイトルとURLをコピーしました