ファン・ジニ 第14話「偽りの音色」

今回のファン・ジニは「偽装風流人」

ピョクケスの何としてでもミョンウォルの心をゲットするという意志の強さはソンケーに値します。コムンゴの下手さ加減を手厳しく指摘されても、いやそんなミョンウォルの態度だからこそ自分のものにしたいという気持ちに火が付いたピョクケス。

ピョクケスはどうしたらミョンウォルの心をゲットできるのかという課題設定しその課題を解決するためにはタンシムを利用することなんて毛ほども遠慮することもない。

そして、ミョンウォルの母親であるヒョングムにミョンウォルの心を奪うためのノウハウの教えを乞う。表面的とはいえ、ちゃんとヒョングムからの教えをこなしていく力は立派なもの。

そんなピョクケスに惹かれていくような感じを最後の方に示すミョンウォルは本当に芸が好きなんだね。

その前の剣の舞の放棄事件についてはキム・ジョンハンの杓子定規を通り越した過度な厳罰には観ているこちらはストレス溜まる態度であった。

韓国テレビドラマコレクション 2008 (2008) (キネ旬ムック)
edit

韓国テレビドラマコレクション 2008 (2008) (キネ旬ムック)

キネマ旬報 社
¥ 1,995 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
ムック
在庫切れ
(価格・在庫状況は12月18日 15:31現在)

エゴイストのキム・ジョンハン

群舞で舞うはずの剣の舞の場を争いの場にしたとしてミョンウォルに厳罰を与えたキム・ジョンハン。しかし、今回の真犯人はプヨンであり、剣の舞いを時系列できちんと追っていればミョンウォルが勝手に自分だけの舞いを見せるためにあのようなことを仕掛けたとはとても思えないはず。

ミョンウォルが一人で舞いを舞ったおかげでメヒャンの罪、プヨンの仕掛けとそれに賛同した他のキーセン達はミョンウォルの独走に焦点があたり不問にふせられた感じだ。

キム・ジョンハンは結局は今回のことを利用してミョンウォルに罪をかぶせペンムの元で稽古をすることを命じる。ミョンウォルにしてみれば表面的にはミョンウォルの芸を伸ばしペンムの希望をかなえ、さらには朝鮮王朝の文化の発展を考えておりそれがミョンウォルのためになると信じている。でも、その裏にはそうであるべしというキム・ジョンハンの思い上がりが見え隠れする。ミョンウォルの本当の気持ちは考えずにミョンウォルに辛い道を歩かせようとするエゴイストである。

松都の母、ヒョングム

ミョンウォルはキム・ジョンハンがわざと冷たく自分にあたっていることを冷静に理解している。頭で理解していても心が理解できなくて「ペンムよりも許せない」とヒョングムに抱きつきながら切々と語るミョンウォル。ウノに経験と思慮をもっと積ませた男であるキム・ジョンハンに惹かれていく想いをヒョングムに語る。

次にヒョングムを尋ねて来たのはタンシム。ヒョングムに「ミョンウォルの心を掴む手立てを知りたいのです」「あの方に差し上げたいのです」と語るタンシム。ピョクケスに対するタンシムの想いを察知して辞めなさいと諭すヒョングム。しかし、ヒョングムはミョンウォルを落とすノウハウの全てをピョクケスに伝える。ヒョングムはミョンウォルがまたもや禁断の恋に走りそうなのを危惧して、その恋を辞めさせるためにピョクケスを近づけさせようとしたのか。

さあ、ミョンウォルの恋はどうなるのか?

コメント

  1. ダモ より:

    ピョクケスニム、おもしろすぎるー(≧y≦*)
    ピンクの下着にピンクのハンボク。林家ペーか!って感じです!!でも、チョア♪(笑)
    お母さんの元には、次々に、泣きながら悩みを相談しにくるタル達。新宿の母のよう。ピョクケスニムの恋の成就にもアドバイスをしてあげて。
    チニちゃんは、そんなテクニックにコロッと騙されるなんて、生意気だけど、根は純粋な乙女なんですね。。。
    しかし、そんな、かなりオモローなピョクケスニムに惹かれる女が、私以外にもいた!(爆)タンシムはあんな男のどこがいいのだ?!ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

  2. とん子 より:

    stanakaさんおはようございます。
    おそらくピョクケスって今までチヤホヤされ、自分に頭を下げる連中ばかり多かったのではないでしょうか?
    だからミョンウォルのような自分に対してあんだけ無礼な振る舞いを見せる人は珍しくて、新鮮にうつったんでしょうね。ひょっとしたらこの人のなかにMが入っているのかも!
    よく女優さんで自分の事をボロカスに言う監督やら演出家やらPDを好きになって結婚していくっつうケースがあるんだけどピョクケスもそれかな~~と。

  3. stanaka より:

    とん子さん、こんばんは。
    ピョクケス=M論ですか、面白いですね!
    ミョンウォルは女王様タイプではなく、孤高を保つ人という感じなんですが簡単にはなびかないという点では一緒ですからね。何とか、落としてやろうと男心がくすぐられるのでしよう。
    ダモさん、こんばんは。
    ツボをきっちりと押さえられると騙されるのでしょうね。きっと、理想なパターンというのがミョンウォルの頭の中にあってそのパターンはお母さんが全て分析済みかつ対策も考えられている。あと、実行する人がそれなりの実力あれば成立するというところなのかな。
    タンシムはこれからどうなるのでしょうね。ミョンウォルとピョクケスの仲が進んでしまうと途中でタンシムとミョンウォルの修羅場になるのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました