太王四神記 第21話「崩れゆく大軍」

今回の太王四神記は「認知してね(は〜と)」

好きな女の子から、ライバルの子供の父親になってと言われたらヨン・ホゲでなくとも仰け反ってしまい「可愛さ余って憎さ百倍」となってしまうよね。キハはヨン・ホゲの応援ではなく精神的にさらに追い詰めに来たようなことになってしまいました。

そして、タムドクの展開する心理戦によって大量の脱走者–皮肉なことに太王軍へ駆け込めば脱走とはならない–が発生してヨン・ホゲを精神的に追い詰める。そして、ヨン・ホゲの父親であるヨン・ガリョが自害してしまった知らせが突き刺さる。

タムドクの展開する作戦–ヨン・ホゲからすると卑劣な戦略とでも言うものをレビュー。

太王四神記 PREMIUM EVENT 2008 IN JAPAN-SPECIAL LIMITED EDITION-
edit

太王四神記 PREMIUM EVENT 2008 IN JAPAN-SPECIAL LIMITED EDITION-

エイベックス・マーケティング
¥ 5,985 (定価)
¥ 1,450 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
DVD
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:31現在)

以下、ネタバレ。

契丹との兄弟戦略

コ将軍ではないが、タムドクは口調はやさしげだけど内容は過激。契丹の部族長との話し合いで高句麗の"弟"にならないかと刺激的な発言をするタムドク。わざと言ったのでしょうね。高句麗が各部族のトップに立つことをしれっと言っている。暴発する部族長に西の果てまで道を造るというビジョンを示して度肝をぬかせることにより、高句麗が兄であることが当然だという風に押し付けていく。

なんだか、漢と同じなのですが・・・・・。タムドクのやり方は軍事力と情報力を背景とし経済を握った覇権主義を目指すのかな。アメリカに似ているなーー。

自分たちの兵力が5,000しかないことをうまく隠して、ホゲ軍は太王軍の本体からしたごく一部だとブラフをかましているのはタムドク独自の路線か。

内部崩壊戦略

太王軍とホゲ軍が正面から激突すると、いくらモチベーションの落ちているホゲ軍といえども40,000対5,000では負けようがない。しかも、戦ってしまうと同じ高句麗の兵士が同士討ちで死んでしまうことになる。

なので、タムドクがとった、ホゲ軍を反乱軍と規定し、宣伝ビラをばらまき、噂をばらまく工作員を忍び込ませたのはとても正解。対するヨン・ホゲには対タムドク戦略は無きに等しい。単純に力比べすることしか考えていない。ヨン・ホゲへの教育に過ちがあったのではないだろうか。あるいはポリティカルな面はヨン・ガリョが担当するからホゲは武術や戦闘面でしか教育しなかったのかな。

キハがとうとう子供を産むときがきたようです。その出産に偶然にも立ち会うこととなったスジニ。さて、どうなることやら。

コメント

  1. 「太王四神記」第21話「崩れゆく大軍」

    (2008/5/1記述) あと4回となりました。「チャングム」(全54回)に慣れてしまったせいか短く感じられる辺りがソレだわ(笑)。

  2. Sayopee より:

    TBしました。よろしくお願いします。
    タムドクの策略、ヨン・ホゲと対照的ですよね。はるかに考えられていて、神の子なのに頭がいい、もう、これはタムドクを目の前にすると何もやる気が起きなさそう(^_^;)。

  3. とん子 より:

    stanakaさんこんばんは!タムドクは策略家だと思います。きちんと情報収集をし、冷静に判断し、きちんと対処していく。当時としてはとても画期的ではなかったのではないでしょうか?
    ホゲのやり方の方が定番だったんでしょうね。
    ヨンガリョ、確かに悪い奴だけど、最期は気の毒でした。親だもの。我が子に高句麗の王になってもらいたいのは当然のこと。まして武力にすぐれているならば・・・
    神器を盗み出しホゲに渡したのは最期の抵抗であり父の愛ですよね。
    タムドクもガリョの政治力は買ってました。

  4. 猫型人間 より:

    stanakaさん、こんにちは:)
    この回は、宿命のライバルの運命確定・朱雀姉妹の巡り会い・キハの出産間近と見どころ満載でしたね8-|
    ヨン・ガリョ叔父、タムドクも認める立派な政治家だったのに「王になれるかもしれない可能性を持った息子」を持ったがために、子を思うゆえの闇という悲劇の最後でしたね:|
    だけど最後は自力できちんとけじめをつけて:cry:
    どこかの政治家達にツメのアカでも飲ませてやりたいです:x:
    ホゲ軍の兵士達が逃げて行く様子ですが「史記」の四面楚歌のエピソードを思い出しました:roll:
    だけど、項羽にはまだ虞美人が最後までそばにいてくれたけど、ホゲはキハの本心を突きつけられ父親ヨン・ガリョも自害してしまったことを思うと、逃げ出した理由を尋問された兵士が「母の元へ返して下さい:-(」と答えた時「まだ国のためならとでも答えたなら助けてやったのに:x:!」と惨殺したホゲの心中は「自分には帰るべき場所も、待ってくれている人も何一つ残されていないのに:cry:」と切り裂かれて血が噴き出すような悲しみでいっぱいだったのでは?と思いました:|
    そしてサリャン=:[!彼はキハへの:hea2:のために、人としての最後の一線を踏み越えてしまうつもりなのでしょうか:[]?

  5. stanaka より:

    Sayopeeさん
    最初からものすごいハンデがある感じ。ホゲでなくともグレてしまいますよね。
    とん子さん
    実際の広開土王はどうだったのでしょうね。多くの領土を得た王ですから非凡な才能があることは確かでしょうが、タムドクと同じように戦略家だったのかなあと想像してしまいます。ヨン・ガリョも人の子、自分の息子が一番と思いたいし、成らせたいですよね。
    猫型人間さん
    ホゲは努力して努力して王になろうとしていたのに、大事なものは全てホゲの手からこぼれ落ちてしまいました。天は残酷ですよね。
    サリャンはキハを主人と仰いでいますから・・・・。

タイトルとURLをコピーしました