ファン・ジニ 第22話「命のゆくえ」

今回のファン・ジニは「王の目に涙」

ミョンウォルがかつてメヒャンに言った「王の涙を頂戴したい」という夢がこんな形で実現するとは脚本家もなかなかイキなものです。

ミョンウォルの舞を観て、中宗が涙を流してしまったのを見てミョンウォルがいかに朝鮮一の舞手とは言え人の感情を揺さぶる舞をできるものだろうかと不思議に思ってました。ファン・ジニ―韓国ドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)を読んで納得しました。

ファン・ジニ 完全版 DVD-BOX I
edit

ファン・ジニ 完全版 DVD-BOX I

VAP,INC(VAP)(D)
¥ 22,260 (定価)
¥ 16,635 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
DVD
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:31現在)

以下、ネタバレ

チマ岩の伝説

中宗にはチマ岩の伝説という話があります。中宗には愛した最初の王妃慎氏がいましたが、慎氏はクーデタで倒した燕山君の后・慎氏の姪にあたるため重臣達から廃妃するよう迫られ泣く泣く分かれたという過去を持つ男。

そんな、過去を持つ中宗は命を賭けて舞を舞うミョンウォルを見て、慎氏を守り通せなかった自分を顧みて涙したのでしょう。

ミョンウォルが中宗の心の琴線に触れるためにあの蓮花台舞での恋の書を選んで舞ったとすれば天性のエンターティナーと言える。

豹変するピョクケス

命を賭けたミョンウォルの舞からピョクケスは豹変する–なんと、いい人に–本人は今までのクールな生き方に反すると言って拒んでいたがプヨンに心の奥底のことを言い当てられていい人に豹変してしまう。

そして、なんと再び官職についたもののミョンウォルを失ってしまい失意に沈み荒れた生活を送るキム・ジョンハンに対してピョクケスは今までキム・ジョンハンが言いつづけてきた言葉を言うのであった。なんとも友達思いのとてもいい人なピョクケスを見て今までのピョクケスは何だったの?という思いに囚われる。

ミョンウォル懐妊

ミョンウォルが子供を宿していると聞いて、キム・ジョンハンはミョンウォルを問い詰める。しかし、ミョンウォルは固くなに「あなたの子供ではない」と言い続ける。業を煮やしたキム・ジョンファンは妓夫になればいいのだろうとまで言うがミョンウォルはすげなくキム・ジョンハンの手を振りほどくが・・・・。おっーーーと。

コメント

  1. あけみ より:

    はじめまして♪コメントを頂きましてありがとうございます。韓国ドラマが好きな人は女性だと勝手に思い込んていたので、ちょっとびっくりしました。見方がやはり違うので書かれていることになるほど!!と思いました♪ファン・ジニはハングルの聞き取れる言葉はたかがしれているのに、何度見たか、分からないぐらい大好きな作品なんです♪

  2. stanaka より:

    あけみさん、こんにちは。
    BSでのファン・ジニも残すところ後1回になりましたね。そのあとは総合放送で再放送されるので、もっと人気が盛り上がるかもしれませんね。
    ファン・ジニはとても美しい風景と美しいファッション、そして舞が印象的です。音楽も素敵ですよね。
    今後ともよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました