太王四神記 第12話「戦いの準備」

今回の太王四神記は「王様は、まだあの人のことが好きですか?」

スジニに聞かれてタムドクは「まだ愛している」と言わされていましたね。キハもヨン・ホゲのことなどスルーしつつ「生きる理由ができた」などと意味深な言葉をつぶやき「今後の生き方を決めるために」タムドクと会って話をしなければと言っていました。

太王四神記 DVD BOX II(ノーカット版)
edit

太王四神記 DVD BOX II(ノーカット版)

エイベックス・マーケティング
¥ 24,150 (定価)
¥ 6,300 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
DVD
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:31現在)

実際に国内城へキハは侵入しタムドクに会いにいくが、そこで見たものはタムドクとスジニが仲良く談笑している姿。これも天の配剤なのか?キハはタムドクに声もかけずに去ってしまう。

スジニとキハは面識あるので、タムドクとスジニがいるところでも姿を現すことができたはず。それをしなかったのはキハの心の中にタムドクから完全にキハ自身を拒絶されるのが怖いという想いから、思わず直面したくなく逃げてしまったのだろう。

もしも、キハがこの時点でタムドクに声をかけていたのなら、その後の展開は違ったものになったはず。それをさせなかったのはまさしく天の意志。

ムン・ソリさんの目によるヨン・ホゲへの冷たいというよりも意識すらしていない対応と陰からタムドクを見つめる切ない想いが良く表現されていました。

ヨン・ホゲのしがらみ

ヨン・ホゲがタムドクに呼び出されて、向かった先の石の階段は幼い頃タムドクと楽しく語った場所。成長したヨン・ホゲとタムドクは同じ場所で今度は対立するものとして語り合う。

そうなったのはヨン・ホゲの母親がヤン王毒殺を企てたが当時のタムドクに見破られ服毒自殺を図った事件のため。夫人が死の寸前にヨン・ホゲに王になれと言った言葉がヨン・ホゲを呪縛している。

そして、このときの事件解決のために手を貸したのがキハ。タムドクは一人の友人を失い、一人の恋人を得た。が、しかし、今回の王権の移譲を巡る騒動でキハをも失いかけているタムドク。

タムドク、仲間を得る

恋人を失いかけているタムドクだが、チュムチという有力な戦力とタルビというロジスティックに明るい人物を新たに手に入れる。鍛冶職人のパソン姉さんのことも考えるとタムドクは相当な人たらし。タムドクの考え方や魅力に共鳴して、優れた人物が集まってくる。

今回の騒動の前では友人=恋人のキハくらいしかいなかったのが急に集まってきた感じ。これも天の意志?恋人を失い仲間を得たのはタムドクにとっては決して幸せなことではないはず。何かを得るということは何かを失うということだと悲しいものがある。

キハの躊躇い

なぜ、キハはタムドクに身の潔白と火天会のことを相談しないのか?

◆身の潔白

これはヤン王の捨て身の策略に乗せられてしまい、自分がやっていないことを言い出しかねてしまったのがそもそもの敗因。その後の展開で益々言い出せない雰囲気となってしまう。誤解の上に誤解が重なり既成事実化していて、キハの心をがんじがらめに捕らえてしまっている。

◆火天会

これも、知り合った時に言うタイミングがなく、そのまま、ずるずると来てしまい長老の策略で動かされたことにより、後ろめたさが倍増し言えない状況。究極は長老からつけられた背中の烙印。これが勝手な行動を抑制している。

キハほどの力の持ち主ならタムドクと力を合わせれば打ち破れそうにも思えるのだが、当人にとっては絶対的な壁に映っているのだろう。キハは火天会から押しつけられている抑制がしがらみとなって、キハ本来の力が発揮できず矛盾する心の動きにつながり二面性ある行動をとることになる。

キハの葛藤を今後とも注目していきたい。

コメント

  1. msk より:

    こんばんは。
    私はタムドクの(というかヨンジュンさんの)声に惹かれましたが、キハも、声が好きです。サシスセソ(韓国語だから違うんでしょうが)がすっきりした感じ?で。
    キハ、どうして弁解しないの~!?と言いたくなるシーンが多いですよね…そうしちゃうと話が展開していかないんでしょうが…ストレスのたまりそうな役ですよね。
    ホゲもまた、問いかけてるのにまともに返事をしてもらえないセリフが多くて、かわいそう…
    来週は放送がないんですよね?かなしい。

  2. stanaka より:

    mskさん、こんばんは。
    >キハ、どうして弁解しないの~!?
    ここはお約束で弁解しないものの合理的な理由付けが欲しくて勝手に考えたのが投稿記事です。現実の生活の中でも最初に言えなくて段々とドツボにハマるというのはありがちなような気がします。
    ムン・ソリさんもインタビューでキハの役は苦しかったということを言っていたように記憶しています。彼女ならではの役どころじゃないでしょうか。
    新年をまたぐドラマというのは珍しいということで我慢しましょう・・・。
    ホゲは本当に可哀想です。キハだけが女性じゃないのに・・・でも朱雀の守り主は今のところキハだけだし、惚れるのは解ります。

タイトルとURLをコピーしました