ニューハート 第5話 「罠」

今回のニューハートは「ファーストキスと恋の歌」

見事に唇を奪われてしまった、ヘソクとしっかりとそのシーンを見てしまったウンソン。ウンソンの動揺は少しだけで、大半は突然のラブシーンを見たための思われる。この時点ではウンソンはヘソクについては、まだ、同期のレジデンスという同志的な感情が多いかな?ヘソクへのドングォンのアタックがウンソンにラブへの火を点火するパターンかな、そうするとドングォンはウンソンとヘソクのラブの燃料?!

もっと知りたい!韓国TVドラマvol.27 (MOOK21) (ムック)
4764131064

患者第一の二人の医者

胸部外科長のガングクは自分への追い落としを謀っていると分かっている、ヨンギュに対して気合いを入れる目的で交代の素振りを見せて負けん気を起こさせ初めてのオフポンプ手術を成功させる。

ガングクへの意地悪な見方すれば、部下であるヨンギュの失敗はガングクの責任となるため手助けしたともいえるし、純粋に患者のために手助けしたとも言える。医学界で経験を積んできたガングクだから、両方の意図があったとしても不思議ではない。

もう一人の医者であるウンソンはひたむきに患者のためだけを願って行動している。バスケ選手のピルチュはウンソンにとって、初めての患者。ピルチュが晴れて退院する。バスケット選手として頑張れるよう腕立てふせ競争を仕掛けて励ますウンソン。

さらに少女の手術費を賄うためのチャリティーのバスケットでも頑張るウンソン。ヘソクはドングォンよりもウンソンを目で負っている。三流大学で、身よりのないウンソンだけどヘソクにはないものを沢山持っている。惹かれてしまう気持ちはわかるなー。

新たなキャラクターor患者?

ドングォンと共演していた女優のヘジン。ウンソンとヘソクの入局式の焼き肉屋でたまたま(本当は待ち構えていた)ドングォンとヘジンと一緒になる。有名人も参加して入局式が盛り上がるというときにヘジンが倒れる。ヘジンはマルファンという心臓の病気を持っていたのでした。

幸い、検査の結果は緊急なオペは必要なく翌日以降で対応すればよいとわかり入局式は続行。でも、ヘジンはドングォンの執拗な好き好きビームを逃れるために病院へ戻る。しばらくして、ヘソクの携帯にウンソンからのコール。ウンソンは入局式でカラオケをやっていたが自分の番のところで全員沈没状態。でも、誰かに聞いてもらいたいウンソンはヘソクに電話したのだ。ウンソンの意外に甘いボーカルに聞き入るヘソクは録音までする。この歌、私は聞いたことあるのですけど、何の歌だったのかな。

で、ヘジンなんですが本人は体に傷跡が残るのを嫌がっており、家族は手術でヘジンが仕事できなくてギャラが入らないことを心配している。要するにマルファンという病気を舐めている。そして、やったのが病院からのエスケープ。さーー、どうなる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました