「イ・サンの魅力」

NHK BS2 7月20日(祝日・月曜日 )22時30分からの「イ・サンの魅力」を観ました。

韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史 (ムック)
4873766869

イ・サンは父親である思悼世子(サドセジャ)が老論派の陰謀により米びつに入れられて餓死して死ぬという、私からすると王族なのにそこまでするのか・・・くらいの悲惨な父親の死を目の前で見ていることになる。父親の復讐と改革そして恋を描いていく物語になりそう。

その他、配役を見ているとビョンフン監督だけあり「宮廷女官チャングムの誓い」の俳優さんが結構出ています。

父の悲惨な死を目の当たりにするという衝撃的な生い立ちを持つイ・サンに「チェオクの剣」ファンボ・ユン役をしたイ・ソジン。ヒロインのソン・ソンヨン役に「宮廷女官チャングムの誓い」の医女シンビを演じたハン・ジミン。お久しぶりのハン・ジミンです。医女シンビではチャングムをサポートする親友という位置づけで脇役でしたが、今回は一挙にヒロインなので、どんな演技をしてくれるのか楽しみです。

キョン・ミリさんがイ・サンの母親役のヘギョングン(恵慶宮洪氏)で、今回は悪女ではなく主人公の味方です。私にとっては悪女役ではないキョン・ミリさんの演技はほぼ初見なので興味のあるところです。

そして、なんと「宮廷女官チャングムの誓い」の医女チャンドク役のキム・ヨジンがジョンスン王后(貞純王后)役で悪女を演じるので、こちらも見所ですね。あの人、貫禄あるからはまり役かも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました