イ・サン 第14話「静かなる口封じ」

今回のイ・サンは「泣く子とファワンには勝てぬ」

4144071561

いやー、おじいさん(英祖)は娘には甘いんだから~。その甘さをどうして息子の思悼世子(サドセジャ)には発揮しなかったのかな~。

やっぱり、男親にとっては娘と言うのは永遠の恋人。無限に甘くなってしまうものです。その証拠に最初は厳しいことを言っていた英祖も怪しげな言い逃れの屁理屈が出てきた途端に放免しちゃうんだもん。

イ・サンに対して数々の厳しい難問を突きつけてきた英祖の態度からすると明らかに不公平です。

罠にかかったハン・ジュノ

ハン・ジュノは慌てすぎてイ・サンの罠にはまり込んでしまいましたね。ハン・ジュノを迎えたファワンも不用意でしたね。本当にファワンをとんでもない悪女として描くなら、ハン・ジュノがあわてて駆けつけたところで、手のひらを返してハン・ジュノを速攻で冷たく義禁府(ウィグムブ)へ突き出すべきでしたね。

でも、ファワンの上にはチョンスン王后(貞純王后)がいるし、参謀役としてはチョン・フギョム(鄭厚謙)がいるので、ファワンの悪女ぶりは中途半端。おしい。

ファワンの必死ぶり

英祖に必死の弁明をするファワン。雨の中でも英祖に無実を訴え続けるガッツは立派なもの。

小説版イ・サン―正祖大王〈2〉ではさらにひねっていて、病になる薬をファワンが飲んで英祖に対して病の床から切々と無実を訴えて許してもらうというシーンが描かれています。

一歩間違えればというより、起死回生の手段を打たないと大逆罪で死罪になると思われるので少々、病気になるのくらい安いものというところなんでしょう。

イ・サン、ソン・ソンヨン、テス

今回の活躍によりイ・サンはソン・ソンヨンとテスを宮中に呼び寄せ直々にご褒美を渡す。

そして、イ・サンはソンヨンに清の女性が描いた画集を見せて画員になることを薦めつつ、ちゃっかりとソンヨンの手まで握ってしまっているし。←イ・サンの方がおいしい思いをしているし。

そんなイ・サンとソンヨンが手をしっかりと握っている所に正室のヒョイが出くわす。さて、ヒョイとソンヨンは既に宮中の外で偶然にも出会っているのだが、今回はどのようになるのか?

頑張れ悪女

悪女役としては、ボスキャラのチョンスン王后(貞純王后)がいて、中ボスとしてのファワンがいる。チャングムではチェ尚宮が単なる悪女としてではなくチェ一族を背負わされたが故の悪女として描かれていたように悪女となる必然みたいな背景情報の描写が欲しいところ。

チョンスン王后(貞純王后)なんて、66歳の英祖に嫁いだのが15歳という年の差カップル。自分のお父さんというよりはおじいさんにあたるような老人に嫁ぐことになった少女からすると権力くらいよこせよと言いたくなる気持ちはよくわかる。

そのあたりは描かれないのだろうか?

コメント

  1. セソン様~ より:

    セソン様がヒョイに手を握っているところでハッとした顔がエンディングの絵になるところが笑ってしまいました。でも、もうちょっとかっこいいところを最後の絵にして欲しかったです;;
    予告編を見る限り、ヒョイがソンヨンとの仲を疑っちゃうみたいですね。
    セソン様の心労をこれ以上増やさないで~^^;

  2. stanaka より:

    セソン様~さん、こんばんは。
    まあ、身から出たサビというと言いすぎでしょうか?
    絶対イ・サンはソンヨンのことを友人ではなく女性として見てますね。

  3. セソン様~ より:

    stankaさんお返事ありがとうございます~。
    何となくイ・サンのソンヨンに対する感情は少年時代の納屋の中でのケガの手当の時から恋愛感情に近いのではないかと思っておりますが(そういえば、あのときのソンヨン役の女の子の恥じらった姿がかわいかったです^^)、ヒョイはチャングムの親友だったときの印象が強く、ヒョイも傷ついて欲しくありません。それまでの態度も立派だし・・・。
    ソンヨンも、忠義心を超えた感情を有しているように見受けられるので、二人の間が進展しても、我慢して二人が恋心を押さえつけるにしても後々辛い気持ちになりそうです^^;。
    セソン様のことですから、きっと間違った道には進まないとは思います(でもこの時代ですので側室にするってのは間違った道ではないんでしょうね。チャングムでも王様がヒョイ役の人を側室にしてたし・・・)が、私が期待するのは、「頑張れテス!」です。オープニングでは凛々しい姿を見せているので、きっと頑張ってくれるでしょう。あの役者さんパリッとした姿をしたらかっこいいんだろうなぁ。

  4. stanaka より:

    セソン様~さん、こんばんは。
    ガイドブックによると、史実ではヒョイは10歳の時に11歳のイ・サンと結婚しているんです。つまり、小さいころソンヨンと会った時には既にイ・サンは妻帯者というわけです。:oops:
    ヒョイはイ・サンにふさわしい心優しい王妃だったそうです。
    そして、ソンヨンですが史実では側室となり宜嬪成氏になります。当時としては普通の話であり、かつ、王様となるイ・サンは世継ぎを設けることは絶対的な使命ということもあるのでヒョイも納得性はあると思います。でも、嫉妬しちゃうでしょうね。

  5. 「イ・サン」第14話「静かなる口封じ」

    バタバタで感想が書けていないなあと思ったら、もう土曜日じゃないか(お。 別に書かなくてもいい気がするけどちょっとだけ(笑)。

  6. Sayopee より:

    今さらですがTBしましたので、よろしくお願いします。
    ヒョイはとてもいい人そうなので、サンは裏切れなさそう(笑)。お互い好意を持っていても、一緒になれないのはつらいことですね。でも、サンはソンヨンが彼女の才能を発揮して活躍して欲しい、という感じなのでしょうか。チョンホさんはチャングムに対してそうでしたが。
    気がつけば明日は日曜日。ハマるなあ、このドラマ。

  7. stanaka より:

    Sayopeeさん、こんばんは。
    >サンは裏切れなさそう(笑)。
    サンは心優しい人だから無理でしょうね。
    ソンヨンに対しては自分の傍においておきたいという気持ちじゃないかなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました