イ・サン 第16回「刺客の視点」

4144071561

今回のイ・サンは「男はつらいよ」

王様もしくは権力継承者は子作りは義務ですからね。世継ぎがいないと権力闘争が起きて国が危うくなるので国家安定のために子供は必要。

イ・サンのお母さんである恵嬪(ヘビン)はイ・サンの子供を作って地位を安泰にするために動き始めました。

まずは環境づくりということで、ヒョイの懐妊を祈願する屏風画にざくろを描かせる。そして、長い間ご無沙汰になっているイ・サンの尻をたたき、ヒョイの元へ行かせる手はずを整える。

ヒョイの懐妊を祈願する屏風画を書くために図画署から画員が派遣されるがソン・ソンヨンはその手伝いに指名される。一日目の作業が終わったところでソンヨンはソンヨンを疑っているキム尚宮によりヒョイのところへ連れられる。そこでソンヨンとイ・サンとの関係やチョン・フギョムとの関係を聞くヒョイだが決定的な話は引き出せない。

そんなところに、恵嬪(ヘビン)からの子作り指令に従って、渡りをしにきたイ・サンがやってくる。

イ・サンはソンヨンが宮中に居ることに気づく。ソンヨンを見つめるイ・サンの目はハートマークになってしまっている。そんなイ・サンの反応を見て何かを感じているヒョイ。ソンヨンはソンヨンでイ・サンには妻がいることを認識させられて胸を痛めてしまう。

イ・サンの老論派への攻撃

イ・サンは老論派を弱体化させるために兵糧攻めをすることを考え付く。官職を金で買う行為が老論派の資金源と見抜いたイ・サンはその悪しき慣習をなくそうと画策する。賄賂の事実を手に入れたイ・サンは英祖に不正が行われていることを報告。

英祖は民が困窮しているのではないかと心配して行幸を早める行動に出る。

老論派は行幸をチャンスと見做し、イ・サンを行幸の途中で暗殺する行為に出る。

行幸の危険性を認識しているホン・グギョンは行幸のルートを先回りして、刺客の視点から考えて暗殺しやすい場所を探し出し待ち伏せすることに。

想定どおりに現れる刺客。テスは暗殺ポイントにはっていたが1対2のため撃退はするものの逃げられしまう。

英祖、倒れる

行幸先の村は疫病が発生している。伝染することなんか無視して、ズンズンと村人たちのもとへやって来て励ましと援助物資の供出を約束する。英祖は病にかかった村人に親しく触れたりしていたためなのか、突然、倒れてしまう。

このまま英祖が帰らぬ人となるとイ・サンが王様の座につくことになる可能性は高い。そうすると老論派は困ったことになるからイ・サンに対する攻撃はさらに激化するはず。次回はどんな攻防を見せてくれるのか楽しみです。

コメント

  1. セソン様~ より:

    ホン・グギョンとチョン・フギョンの会話がいいですね~。
    しかしホン・グギョンが味方で良かった~。
    それと、ソンヨンとセソン様の行方はやっぱり気なります。ピングンがいい人なだけに世の女性の気持ちがセソン様から離れてしまわないか心配です・・・。
    恋と言えば、チョビは予想に反してかわいい女に変身しちゃいましたね。
    いろいろと楽しみです。

  2. stanaka より:

    おはようございます。亀レスすいません。
    >世の女性の気持ちがセソン様から離れてしまわないか心配です・・・。
    そんな反応はついぞ頭に浮かびませんでした。私が男性だからなんでしょうね。
    チョビ役のイ・イプセさんも悪女役から離れることができて良かったのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました