シンデレラマン 第13話 真相の行方

シンデレラマン BOX-I [DVD]
B002SXKNAE

今回のシンデレラマンはジュニとして生きていくことを決心したデサンの矛盾した行動。

韓流ドラマではありがちな、心にも無いことを口にだしてしまい、ますますドツボにハマっていくというパターンをこれでもかと描いていましたね。

唯一、ストレートに出していたのはセウンと布地屋のおばさんくらい。

ユジンはデサンのことが気になるのに冷たいことを言ってしまうし、デサンはユジンの母親から関わるのをよせと言われて、本当はそんなことしたくないのに店は閉じると言うしユジンへの思いも断ち切るなんて出来ないことを決心する。

人間誰しも心にも無いことを思わず言ってしまうことはあると思うけどそこには必然と言うものがあるはず。デサンではなくジュニだったということで必然にしたいのだろうけど、どっちであっても好きは好きで変わらないはずで、今回のお話の展開では唐突すぎるし、もうちょっと自分の心に素直になってもいいんじゃないのと思うのだけど。

それじゃあドラマにならないからこうしました・・・・てか。

セウンって悪女という役どころでしょうが、私からするととてもいい女の子に見えてしまう。ユジンよりセウンのほうが付き合うには良いと思うのだけど。だめ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました