僕の彼女は九尾狐(クミホ) 第1話「運命の出会い」

大震災により3/21からの放送が3/25になり、さらにプロモーションのために来日していたシン・ミナちゃんはインタビュー中に地震があったそうな。

でも、待った甲斐があったドラマでした!!

九尾狐(クミホ)とは?

あくまでもドラマの設定ですが、九本の尾を持つ九尾狐(クミホ)は人間に化けて人間界を歩くと、九尾狐(クミホ)を見た男共が九尾狐(クミホ)に夢中になり仕事にならない。憂慮した三神様(妊娠・出産の神様)が九尾狐(クミホ)に夫を持たせれば落ち着くだろうということで九尾狐(クミホ)に夫を約束する。しかし、人間界の女性達は大事な自分たちの息子や夫を取られてはなるものかと九尾狐(クミホ)は人間の肝をたべるなどと根も葉もないデマを並べ立てたことにより誰も夫のなり手はいない。

そして、三神様は九尾狐(クミホ)の尻尾をすべて切り取り、絵に閉じ込めてしまった。

いやーーー、九尾狐(クミホ)が可哀想過ぎ。勇敢な志願者はいなかったのかしらん?

僕の彼女は九尾狐<クミホ> DVD-BOX1 [DVD]B004I5BI8G

出会いは突然に

スパルタ式予備校に送り込まれるところを祖父から逃げ出したテウンは人里離れた寺の住職のところに身を寄せることに。ところが、その寺というのは九尾狐(クミホ)を封じ込めた絵を管理している寺だった。

テウンが携帯をかけていると変な女の声が聞こえてくる。その声の言うとおりに絵の中の狐に9本の尻尾を書いてしまう。500年ぶりに封印が解けた九尾狐(クミホ)はテウンが気に入ってしまい、テウンにつきまとうようになる。

華麗なる遺産でもイ・スンギ君はお金持ちのボンボンという役どころだったけど、今回も同じ感じで違和感なし。

天然キャラ–九尾狐(クミホ)

狐の妖怪だから人間の思考様式を伴わないのは当然だけど、それをシン・ミナちゃんがうまく天然っぷりを演技していてとてもいい。いやーーー誘惑されたいです。地上に降りた妖精という感じです。

怪しい登場人物たち

お寺に登場した謎の青年(パク・トンジュ)。なにやら、九尾狐(クミホ)を監視している役目の人物のようですが、そうなるとこの青年も人間ではない??

そして、テウンの叔母チャ・ミンスクとエレベータで一緒になった男性は今後はどのような動きをするのか?

テンポが早くて登場人物も魅力的で観ていて、久々にドキドキしてきたドラマです。私としてはシン・ミナちゃんの清楚かつ天然美少女っぷりが楽しみなドラマ。

シン・ミナちゃんの作品で印象に残っているのは映画「サッド・ムービー」。顔にやけどを負った聴覚障害者スウン(シン・ミナ)のとても切ない恋心をうまく表現していました。

サッド・ムービー [DVD]B000J6HYM2

コメント

タイトルとURLをコピーしました