トキメキ☆成均館スキャンダル

「トキメキ☆成均館スキャンダル」完走しました。レンタルで1週間に2枚ずつ借りながら観ていました。

トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>DVD-BOX1

B004I5BSIQ

母と病気の弟の面倒をみるため、好きな勉学を役立てて代筆でお金を稼いでいるキム・ユニ(パク・ミニョン)。父親は老論派の重鎮で頭はいいが原理主義的な堅物のイ・ソンジュン(ユチョン)。「少論(ソロン)」一門で、尊敬する亡き兄の遺志を継ぎ、覆面の賊「紅壁書(ホンビョクソ)」に扮し、反政府活動をするムン・ジェシン(ユ・アイン)。大商人の息子で、見かけはちゃらい遊び人だが人に言えない秘密を抱え悩みを持つ苦悩を抱えるク・ヨンハ(ソン・ジュンギ)。

そんな4人が 成均館で出会った。ただし、そのうちのキム・ユニは男装したキム・ユンシクとしてだった。女子禁制の成均館で寄宿舎生活していったいどうなる!!

胸キュン度

「美男(イケメン)ですね」と比較すると軍配は「美男(イケメン)ですね」の方に上がります。男装しているヒロインも私的にはコ・ミナム演じるパク・シネちゃんの方が好み。でも、キム・ユンシクの男に媚びず頑張る姿は好感持てます。

「トキメキ☆成均館スキャンダル」は胸キュンというよりもタイトルにあるトキメキの方が上でしょう。4人衆の彼らを見ていると自分の高校や大学の時を思い出して、ときめいてしまったりします。学園物の一面を持ったドラマ。

なぜ、時代劇か?

学園物なら現代ドラマでもいいのだけど、

  1. 身分差別
  2. 女性差別
  3. 時代の変革

これら3点もドラマのモチーフとして描きたかったから男装の女性というキャラクターを配し、そして、時代を正祖が治めていた時代に定めることにより単なるちょっと変わった恋愛ドラマではなく、社会的な問題提起も含んだドラマとなってお話に厚みが出ている。

ドラマではチョン・ヤギョンの論語の講義を聞いて、キム・ユンシクが「論語がこんなに面白いなんて」と感じ、女性というだけで勉強の機会を奪われてしまう理不尽さを際立てたり、両班という特権階級にある息子が国費で成均館に学んでいる地域に隣接して、賎民が住む村があるという対比を示している。

キム・ユンシクをコアとして揺れ動く3人の男性とのちょっと不思議な恋愛感情と「金縢之詞(クムドゥンジサ)」を探し出すというポリティカルなエピソードを入れることにより社会的なメッセージを出しているが、十分には成功していない。やはり、「金縢之詞(クムドゥンジサ)」のエピソードが時間がなかったのかとってつけたような展開と終わり方であった。ここがうまく処理できていれば更なる名作になれたんだけどね。

トキメキたい人にお勧めのドラマです。

トキメキ☆成均館スキャンダル 愛と青春のドキドキ☆メモリー [DVD]

B004NIH80A

コメント

タイトルとURLをコピーしました