お手軽価格のフォトブックを試す DNP「390円サンキューフォトブック」

フォトブックでDNP社のお手軽な価格は従来ではCDケースサイズ(148mm*148mm)12ページで716円+送料164円(クロネコDM便)で計880円でした。ところが、最近送料込みで390円しかもCDケースサイズ(148mm*148mm)12ページ/24ページという仕様という激安なフォトブックがリリースされています。

サイトはこちら

オンライン版390円サンキューフォトブック
スマホ版390円サンキューフォトブック

スマホ版ではアプリを落とすのではなくサイトにアクセスしてブラウザから操作するやり方となっています。

オンライン版の作成方法

パソコンから作成する方法となります。レイアウトの自由度が高いので、安価であってもこだわりのフォトブックを作成したい方はオンライン版で作成することをお勧めします。

オンライン最初の画面

↑最初の画面となります。お手軽に作成するにはこちらに表示されているとおりにやればサクッと作成できます。

まずはSTEP1に書かれている通り画像を準備しましょう。ほとんどの人はパソコンに保管している画像データを選択してアップロードすることになるかと思います。

自動配置を使う場合は並べたい順にアップロードしましょう。おすすめの画像枚数がページ数以上になっているのは1ページに複数枚数配置することを想定しているためです。

画像のアップロードが完了したらSTEP2の自動配置してみましょう。そうすると↓のようになります。

自動レイアウト148スクエア390円フォトブック White 24p オンライン

 

↑ご覧のように自動的にレイアウトされています。左の画像サムネイル一覧でサムネイルの右上にある緑の丸いバッチは使用有無と使用数を表示しています。

次に表紙を作成します。

表紙148スクエア390円フォトブック White 24p オンライン

 

表紙のレイアウトのテンプレートは三種類用意されています。使用するレイアウトをドラッグしてメイン画面の編集エリアにドロップすると適用されます。

用意されているテンプレートを使わずに自分で画像ボックスをやテキストボックスを追加してレイアウトすることもできます。

このあとの作業は自動配置されたページのテキストの入力と画像を入れ替えたりレイアウトを変更したりといったカスタマイズとなります。

マスク結果148スクエア390円フォトブック White 24p オンライン

例えば画像にマスクをつけることができます。↑の右ページがマスクした結果です。

シャドウ148スクエア390円フォトブック White 24p オンライン

↑背景とシャドウを追加した結果です。

気に入った仕上がりになったら画面右上のオーダーボタンをクリックして注文しましょう。

スマホ版の作成方法

登録する必要がありますので自分の名前やメールアドレスを記入して登録を済ませましょう。

登録が済むと作成に入ります。

IMG_2363 IMG_2364

初めての作成や全くの新規のフォトブック作成でしたらアップロードを選択してスマホ内にある画像データをアップロードしましょう。

IMG_2365 IMG_2366

自動配置されて表紙から順次確認することができます。

IMG_2367 IMG_2368

↑のように自動配置された画像を変更することができます。

IMG_2369 IMG_2370

↑テキスト入力はこのようにします。

IMG_2372 IMG_2371

画像データはトリミングされて配置されています。もしも、肝心の部分が切れているというような場合は↑の左のようにクロップを変更することができます。

すべての確認と変更が終わったらオーダーボタンから発注します。クレジットカード決済のみとなります。

仕上がりは?

390円という激安なので仕上がりが心配していましたが、実際にやってきたフォトブックを確認すると満足のいくものでした。もちろん、作品として写真集にするという用途にはクォリティが不足しています。あくまでもカジュアルな用途として考えればいいでしょう。

IMG_2373

クロネコDM便でこんな形で梱包されてやってきました。クッションが破けているのは私が手荒く扱ったためでやってきたときはちゃんとしていましたので。

IMG_2375

↑裏表紙にも写真データが表示されるようにカスタムで配置したものです。こんな風に表紙と裏表紙を使って全面に写真データを配置することもできます。

なぜ安いの?

私の推測です。印刷の専門家ではないのでそのつもりで読んでください。

  1. 液体トナー印刷の色数が通常は6色のところを4色
  2. 紙質がナチュラルのみ
    多少、黄色みがかっています。

1項の色数が少ないので表現できる色域が狭いということになますし、紙質については黄色みがあるのでパキッとした発色には向かないようです。秋のようなしっとりとした感じや温かみのある絵にはいいのではと思います。
→私の勝手な感想です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました