削除してもGoogleの検索結果に表示されてしまう場合の対処法

ブログのページやSNSの投稿記事を削除したのに、いつまでもGoogleで検索すると検索結果の一覧に表示されてしまう。こういうご経験はないでしょうか?
テキストなどは一部しか表示されませんが画像はばっちりと表示されますので誤って投稿した○○な画像とかだと元のページを削除した意味がないじゃんということになってしまいます。

私はポートレート撮影しています。時たまモデルの方から削除依頼を頂くことがあります。
理由は様々ですが、

  1. 新たに事務所に所属したため事務所の方針として肖像権を事務所が一括管理するためモデルが被写体となった事務所管理外の投稿は認めないため削除依頼するケース
  2. モデルが就職した先がモデルのイメージを壊すような投稿を問題にするケース
    モデルの名前でエゴサーチして検索結果でイメージと合わないページや写真を削除しなさいと要求される。
  3. 心機一転を図るため過去の自分のイメージをネット上から削除したいケース

私は依頼を受けるとTwitter,Instagram,ブログから該当する投稿やページの削除を直ちに行います。
しかし、3か月経過してもGoogleの検索結果にあらわれることがあります。画像を消したいのに画像検索でずっと残されると困ったことになります。

元ページや元の投稿がすでに削除されている場合はGoogleに依頼することにより簡単に削除できる方法がありましたのでご紹介します。元ページもしくは元の投稿の管理人でなくても元のコンテンツが削除されていれば第三者の依頼で検索結果から除外ができます。

GoogleのヘルプセンターのGoogle から情報を削除するに方法が記載されています。
Google から情報を削除するの以下を参照してください。

コンテンツが提供元のウェブページから削除されている場合コンテンツがすでに削除されている場合は、古いコンテンツの削除ツールを使用して、Google 検索結果から削除するようリクエストできます。

古いコンテンツの削除ツールは以下のような画面になっています。

Search Console画面例

赤く囲んだところに削除したいページのURLを記入して「削除をリクエスト」をクリックします。そうすると下段の削除リクエストの一覧に表示されます。ステータスは当初は「保留」になります。リクエストが受け付けられて削除されると「削除済み」になります。大体、感覚的に依頼した翌日には受付されて「削除済み」になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました