都立霊園の墓じまいを簡単、安価にしたい

夫婦ともども歳をとってしまいお盆や年末、命日にお墓参りするタイミングで自分達が亡くなった後、誰がお墓を守るのかを考えたことはありませんか?
子供がいても仕事の関係で住んでいるところが遠いので子供の負担になるとか考えてしまいますよね。

都立霊園にあるお墓を守るにはどうすればよいか悩んでいる人には、墓じまいをして合葬墓へ納骨してもらうという選択肢があります。

でも、どのような手続きしていいかわからないし書類仕事はこの歳になると大変という方には
>>>都立霊園の墓じまいと合葬墓への納骨代行はミキワへ>>>

都立霊園の墓じまいと合葬墓で解決になるの?

谷中霊園

自分たちの次の世代でお墓を守ってくれる人がいない都立霊園使用者の方向けに、現在使用しているお墓の場所をを都立霊園へお返しして、遺骨を合葬埋蔵施設に移すことによって東京都がその遺骨を守ってくれる制度があります。

今現在、都立霊園にお墓を持っている方は申請時に必要な費用を支払うだけで合葬埋蔵施設へ変える(改葬)ことができます。管理費はかかりません。この制度を利用することによって将来発生する費用を心配することなくずっと故人をお守りしてくれます。
毎年10月1日の「都民の日」には献花式が行われ、誰でも参加することができます。

2020年10月現在、受け入れ可能な合葬埋蔵施設を持っている霊園は「八柱霊園」、「小平霊園」の2か所となっています。

都立霊園の墓じまいと合葬墓を楽に安価にする方法

まんだむさんによる写真ACからの写真

都立霊園の墓じまいと合葬墓へ納骨するにはどんな手順になるのか?
難しかったり、申請などで事務所へ何度もいったりきたりといった時間のかかることはないのか?
私も関西で墓じまいと合葬墓への納骨をしたことがあり、その経験から難しいポイントは以下と考えています。

  1. 霊園事務所への申請(書類作成)
  2. 墓石撤去のための業者への依頼

1の申請については「埋葬施設使用終了届け」「施設変更申請書」「施設変更に係る誓約書」やその他墓石撤去時の工事にかかわる書面などもあり申請書類作成を苦にしない人でないと大変です。

さらに、墓石撤去のために業者を探す必要がありますが今までそんな業者を利用したことがない人が大半だと思います。霊園事務所では紹介してくれませんので自分で探す必要があります。見つけても見積金額が妥当かの判定も難しいです。

霊園の近くには業者が結構存在しています。それらの業者に相見積もりを取れば大丈夫でしょうか?
近くということもありお互いに金額は知っているので似たような見積金額が出てきます。

霊園とは離れた業者に見積もりを出すのが一案だと思います。
霊園から離れた業者として、今回ご紹介するのが
>>>都立霊園の墓じまいと合葬墓への納骨代行はミキワへ>>>
です。書類の申請についても代行してくれますので、ご検討の一社に加えたらいかがでしょうか。

都立霊園の墓じまいと合葬墓の手続きを安心して任せられる業者に

まんだむさんによる写真ACからの写真

墓じまいの業者はほとんどは石材店が行います。安価だからというので家屋の解体業者に頼むことも考えられますが墓石の解体工事を普段はしていないので墓石の取り扱いになれていなくて、近くの墓石を傷つけたり、都立霊園の規定通りに工事がされていないといったケースもあるようです。
このような場合は工事のやり直しを霊園事務所から指示されることもあるようです。

安価だからだけで選ぶことなく実績も加味して業者を選択する必要があります。

>>>都立霊園の墓じまいと合葬墓への納骨代行はミキワへ>>>
実績のある業者さんなので検討に加えてください。
また、ミキワさんのサイトには都立霊園の墓じまいに関しての詳細な説明記事が多数掲載されていますのでぜひお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました