時計の故障原因を考えてみる

時計が故障する事象も原因も様々です。
動かなくなったり、精度が悪くなったり、外観に瑕疵が発生したら、何も考えずに修理に出すと無駄なお金を出費する場合もありますよね。

ちょっと、知っていれば自分で対応できる場合もあるかもしれません。自分で対応すれば安価に抑えることができます。

機械式腕時計でカレンダーが変わらない

accuracy alarm clock analogue business
Photo by Mat Brown on Pexels.com

機械式腕時計では、カレンダー操作の禁止時間帯が定められています。
その禁止時間帯にカレンダー操作を手動で変更すると故障の原因になることがあります。
殆どの腕時計では午後9時~午前4時の間が操作禁止になっています。
腕時計によって違うことがありますので、詳しくは説明書や購入時の注意を想い出してください。

このような場合は機械的な故障が原因で素人には手が出せませんので専門店に修理を依頼することになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました