ロイヤルファミリー 第1話~第5話

TBS 韓流セレクトの「ロイヤルファミリー」にハマっています。もちろん、録画しての視聴ですが、いつもなら疲れているので週末にまとめて鑑賞するところが、その日に見るようになってしまいました。

ロイヤルファミリー DVD-BOX1 B005KP5P00

以下はTBSの公式サイトより引用

韓国で2011年3月に放送したチソン主演の最新作が早くも地上波初放送。日本でも何度となく映画化、ドラマ化されたベストセラー小説「人間の証明」を原作に、家族の絆や愛、国や正義など、人間の本質について描いた壮大なドラマは号泣必至!

原作が森村誠一氏の人間の証明 とは公式サイトを読むまで気づきませんでした・・・ってか、人間の証明は読んでいないwww

JK財閥に嫁いだキム・インスク(ヨム・ジョンア)は他の嫁たちとは違い何の後ろ盾もない女性で、JKでは人間扱いされずに18年間息を殺して生きてきた。唯一福祉施設などでのボランティア活動が息抜き。

このキム・インスクをなんの力もなく、か弱い女性という感じで見ていると、別人のようにちらりと見せる不敵な表情を見せるシーンがあり、あれ?違うのって観ているこちらを揺さぶってくる。

そして、キム・インスクが支援していたジフン(チソン)が検事を辞してJKに入りキム・インスクを救おうとするのだけど、ジフンは頭はずば抜けていいが、キム・インスクに対しては一途に恩人であり現状から救い出す対象と見ているのだけど、いつ、彼女の本性に気づくのか?気づいたときに何が起きるのかというのがドキドキ感があってたまりません。

オム執事は当初はJK側に立つ人物かと思ったら、キム・インスクと二人きりの時に共謀者のように会話するシーンが出てきて、あれ?と思わされてしまう。このオム執事とキム・インスクとの関係をジフンは気づいているのかな???と思ってしまう。たぶん、今の時点では気づいていない設定なんでしょう。いつ、気づくかもポイントかな。

JKのボスであるコン会長の娘であるチョ・ヒョンジンが最初はタカビーな娘と見ていたらジフンと急接近。チョ・ヒョンジン、ジフン、キム・インスクの三角関係も気になります。

コン会長(キム・ヨンエ)のキム・インスクいびりのものすごさ。さすが、ファン・ジニでファン・ジニの師匠イム・ベンムを演じたキム・ヨンエさんだけに貫録抜群です。この嫁いびりが見ものです。このコン会長はドラマの最後ではどうなっているのでしょうね。楽しみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました