ロイヤルファミリー 第8話「つかの間の幸せ」

コン会長(キム・ヨンエ)は鋭い突っ込みをしましたね~。確かに18年間慈善活動だけをしてきたキム・インスク(ヨム・ジョンア)がどうして、こうも鮮やかに

  1. 大統領候補の夫人であるチン・スクヒャンをJK側に取り込み
  2. 競合デパートへの出店が99%決まっていた化粧品ディランをひっくり返してJKへの出店を決めさせた

のは、どうしてか?18年間準備—してても実践してないと無理だと思うけど—してきたのはどういう理由か?復讐か?それとも?

OST(2CD)/ロイヤルファミリー(MBC韓国ドラマ) B0050NFZ4I

お義母さまに認められたくて、そして、夫がJKの後継者になれるのならば・・・ここで泣く。うまくコン会長の追及をごまかしたインスク。でも、コン会長ほどの人物なら涙でごまかせるわけはない、早晩、再度質問の表現を変えて聞かれるだけと思いつつ見ているとコン会長は困ったときの神頼みの占いの先生の所へ相談に行くことに。 この占いの先生は従来は長女ユンソが手をまわして自分の都合の良いご託宣をコン会長にするようにしていた。ところが、今度はインスクが手をまわして嫌がる占いの先生に天を変えろと迫って、JKクラブの社長にはインスクが適任と言わせてしまう。

このあたりはJK内部の動きを熟知するオム執事が全て先回りをして打ち手を打っているから予防的な動きがインスクにはできる。インスクとオム執事の関係はどういう関係なんだろ?インスクはおじさんと呼んでいるが血縁関係なの?

テデイベアを持った青年が登場して、インスクが青ざめ、社長就任式への登場が大幅に遅れてしまうくらいの衝撃だったわけだけど、どういう青年なんだろう??インスクの謎がまた一つ現れてきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました