チャングム 関連番組 感想

10月10日(月)総合で、放送された下記のチャングム関連番組を見ました。

  午前11:39~11:54      早わかり!宮廷女官 チャングムの誓い   午後4:35~4:50      魅力いっぱい!宮廷女官 チャングムの誓い

どちらの番組も韓国文化院からの放送で、アナウンサーは小野宮本という韓国ドラマなら必ずといっていいほど出てくるコンビです。見終わって既に二つの番組の内容が頭の中で融合もとい融けてしまっていて、残りかすしかありませんが、感想をいってみます。

4144071340 韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 前編NHK出版 NHK出版 2005-01-26 売り上げランキング : 539Amazonで詳しく見る by G-Tools

アナウンサーの宮本さんは韓国にはまってしまっているようで、韓国語も勉強したりしているようで、かつ、涙もろい一面もあるお方。冬のソナタの特別番組でも視聴者からの手紙を読んでいてホロリときてしまって涙ぐんだりしていた。プロとしてどうよ。という意見はあるかもしれないが、見事にこけてしまった某局の韓国ドラマを紹介していたアナウンサーのうそ臭いコメント(もう目が離せません!!感動的なフィナーレ!!おいおいどこがーー、おのれはウソ偽りなくいえるんかい!!)を聞かされるよりは256倍安心かつ信頼してみていられる。小野さんは対照的にヤンチャな感じの女性アナ。頭をさわってみたい!!

内容は日本人にはなじみの薄い宮中のスラッカンの仕組みや女官の身分制度などの説明。そして、人物の相関関係図を用いた簡単な説明。悲しいことにチョンホは登場はまだ先ということで記載されていませんでした。ジョンウンちゃんのインタビューが流されたりしておりました。こちらは以前も放送したものだと思いますが、受け応えのしっかりしていることには驚きますね。また、見所では、ハン尚宮(サングン)がチビチャングムに出した「水を持ってきなさい」の課題が出ていました。また、声優の生田智子さんはチャングムが味覚を失ったところが声優をしていてとても悲しかったと語っていました。ちらりと、そのシーンが放送されていましたが、チャングムの必死さとせっぱつまった焦燥感がとても伝わってくるいい演技だと改めて認識。また、トックおじさんの声優の佐々木梅治さんが次の回の台本を配られるとみんなその場でむさぼり読むといわれていたのにびっくり。次が早く知りたいということで一視聴者になっているのですね。以前も生田さんが悲しいシーンでは後ろに控えている声優さんたちも涙ぐんでいると言っていましたが、それだけパワーのあるドラマということが言えるということですね。

これだけ見せてしまっていいのかしらん?と思ったりしたのだけどどうなんでしょう。特に水の課題なんて一緒に悩まないと面白くない。今回は答えまで出してしまっている・・・予告編といいちょっと見せすぎ。

コメント

  1. とん子 より:

    stanakaさんおはようございます。さっそく読ませていただきました。ジョンウンちゃんのインタビューは見たかったなあ~!(ファンなので)きっと聡明な女の子なんでしょうね~!
    私もBS2で視聴していますのであの味覚のシーンは衝撃的でした。ヨンエさんいい演技しますよね。さすが韓国国民的スター。NHKの予告見せすぎは定番ですからしょうがないですね(-_-;)

  2. おこちゃん より:

    何もかも見逃している、ここ何日(>_<)
    このままでは明日も見逃してしまうのではと恐怖心にも近いものが・・・
    今からドキドキしています。

  3. stanaka より:

    とん子さん、こんばんは!
    NHKのことですから再放送があるかもしれませんね。もしくは、別の番組で再度使うかも。今度、イベントで今月末に来日なのでそれに合わせて流すかもですね。
    ヨンエさんも生で見たいなー。
    おこちゃんさん、そういうときには文明の利器で全ての放送を録画する奴を買っちゃいましょう・・・。見逃すとダメージ大きいですから。

タイトルとURLをコピーしました