コメント

チャングムと私 — 2件のコメント

  1. stanakaさんおはようございます。私こそstanakaさんからいろいろインスピレーションもらいましたよ♪
    とても「大長今」愛していらっしゃっていつもなるほどな~と勉強させてもらっています。
    私は大河を見ているせいか時代劇にはそんなに抵抗感なく入っていけました。このドラマを見て初めて1つの歴史にはいろいろな見方があるんだな~と感じました。
    ちなみに一番好きなシーンは第2話!野いちごは今でも頭から離れません。
    総集編は見れなかったし、ノーカット版でのレビューは書きませんが(しんどいので)来年の放送はVTRに撮って見ようと思ってます。

  2. とん子さん、こんばんは。
    最初、時代劇と聞いて頭をよぎったのが某国営放送の大河歴史ドラマ。2話目で思ったのは、この物語はこれから8歳のチャングムが徒手空拳で生き延びていくやり方を描いていくドラマなんだ・・・ほーら、トックおじさんのところへ行ってちょろまかそうとしている・・・・。なんて思っていました。物語的にはそうだったんですけど。
    野いちごのあのシーンはぐっと来ましたが、こんな小さな子に「これからどうやって生きていくんただい?」なんて、ものすごく過酷なことを聞いていると思いました。
    私もレビューではなく考察を中心に書こうと思っていますが、どうなることやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です