ライアーゲーム 第9話

今回のライアーゲームは「密輸ゲーム」

もう、頭がウニになっています。欲求不満です。どうやったら勝てるのかが見えない!!Googleで検索してもゲーム理論による分析は出てくるが明確に説明したものなし。

三回戦は空港を思わせる場所で、開戦間近の水の国と火の国に別れての密輸ゲームです。TVの公式サイトからルールを抜粋。

メンバーはそれぞれ5名ずつで、口座に4億、現金を1億所有。口座は相手国の銀行にあるため開戦で没収される前に自国へ密輸する。この時に検査官に見破られると没収されることになる。つまり、密輸人と検査官のゲームを30回それぞれ行い、最終的に総額が多い方が勝利する。ただし、負債は個人に課せられるため団体戦と個人戦の性格を併せ持ったゲーム。
密輸人と検査官のゲームのパターン

  1. 検査官が1億円をダウト。密輸額が1億円の場合、密輸人の負け。1億円は検査官に渡る。
  2. 検査官が1億円をダウト。密輸額が0円の場合、密輸人の勝ち。慰謝料として、コールした金額の半額(5000万円)を検査官は、密輸人に支払い。
  3. 検査官が、密輸人の密輸額より少なくコールした場合も密輸人の密輸は成功。さらに、検査官は判断ミスとして、密輸人にコールした金額の半額を払わなければならない。
  4. 検査官が、密輸人の密輸額より多くコールした場合は、検査官の勝ち。密輸人の金は検査官に渡される。

LIAR GAME 3 (3)
edit

LIAR GAME 3 (3)
甲斐谷 忍
集英社
¥ 530 (定価)
¥ 530 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
コミック
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:30現在)

ダウト金額の制限されるケース

ここで、明確に述べられていない点として、検査官が支払う金(2と3のケース)は自国にある現金でもっている1億から支払う必要があるのか?検査官がダウトしまくり、かつ失敗しまくりした場合、1億円を全て支払って残金がない場合が考えられる。さらにダウトしようとした場合には事務局からの借金となるのか、あるいはダウトでコールする金額が制限されるのか? これによってゲームの戦略が変わってくる。

コールする金額が制限されると仮定すると、相手側に何らかの方法でダウトを先に失敗させ--全員で現金は5億しかないので、ダウト1億の失敗は最悪で10回まで。その後は密輸し放題。なぜなら、3項が効いてくるから。

勝利条件

公式サイトには総額が多い方が勝ちと記載されている。この総額は

総額=自国内の相手側銀行口座の密輸残金 + 手持ち現金

手持ち現金は

手持ち現金=当初1億円+密輸獲得金+ダウト獲得金-ダウト失敗金

となる。

勝利する戦略

検査官としては4項のルールより1円以上の密輸がある場合には1億円をコールしておけば勝てることになる。ヨコヤのようにぴったりと当てる必要は全くない。

だましあいをテーマとしているので、心理的な隙をついてだますということを仕掛けてくるかと想像するが、その方法が見えない。

思いつくのは最初に書いた相手のダウト失敗による現金の消費を狙う戦略。ランダムに1億円の密輸と0円の密輸をしかけてダウトのコールを誘発して5億円の現金を消費させてしまうこと。

30回という回数は1億円の密輸を20回。相手のダウト失敗を10回(5億円÷(1億円÷2))ということを意味しているのだろうか?

検査官と密輸人との会話は検査官がボタンを押さないと他の人には聞こえない。とすると、相手側に裏切りを持ちかけるという手もあるのかな? でも、どう裏切らせるのか??

あるいはカードを取替えるというのは意味があるのだろうか? でも、それからどうする?

チビキノコの大野 亘が密輸しているかどうかを見分ける方法があると言っているがこれもわからん!!

いやー、仕事にならないかも今週は。


コメント

ライアーゲーム 第9話 — 6件のコメント

  1. ライアーゲーム 第9話

    3回戦は団体戦。その内容は「密輸ゲーム」。毎回、いろいろ面白いルールを考えるなぁ。こういうゲームってルール作りが重要なんですよね。 秋山さんはさすがだ。あっさり 100万円を言い当てました。でも、101万円とかいう可能性もあるからな。今回は良かったけど、いつでも通じる手ではないよな。ここでばらしちゃったから、みんなそのことを考慮してくるだろうし。あ、でもジャスト言い当てる必要はないんですよね。お金が入っているということがバレたら終わりってことか。 直と秋山さんが同じ国でよかった。事務局の女性がそうしてくれたのかな? 何が目的なんでしょうね、本当に。勝手にやっていることなのか、「あの方」のご意向なのか…。 張り切る直は可愛いなぁ。しかし、演技は下手だった。秋山さんも頭が痛そうでした(笑)。この秋山さん、何気に良いですよ! 秋山さんにこんなポーズをさせられるのは直だけだな(笑)。 秋山さんが検査官に名乗りを上げる。小道具を使って、相手をすっかり騙してしまいました。さすが詐欺師! プロですね! しかも、ダウト 1億をコールするのが目的で、失敗して取られても良かったって。カッコイイなぁ。 5千1万円作戦。私もこれは考えてました。必勝法ではないけど、可能性は高いんじゃないのかなと。しかし、ジャスト言い当てられてしまいましたよ。な、なんで?? 本当に透視ってわけじゃないと思うけど……。2回連続なので、テキトーってわけでもないと。スパイがいるのかなぁ。 団体戦の名を借りた個人戦。本当にその様相を呈してきました。オオノさん、狂っちゃいました…。こうなっては勝ち目はないよなぁ。秋山さん、やけに大人しいけど、何か考えているのだろうか。そろそろ助けてくださいよ〜。 でも、来週、秋山さんがどうにかなっちゃってるようですが…! ああ、気になる!!

  2. 『ライアーゲーム(LIAR GAME)』 第9回 メモ

    「激震!!密輸ゲーム!!謎の強敵が新たに出現勝てるか!?ナオ・秋山新たな闘いが始まる」 今回からいよいよ3回戦。 全11回が3時間SPで実際何回分になるのやら?

  3. ライアーゲーム LIAR GAME 第9話 支配者

    内容第3回戦の会場に連れて来られた直たち。敗者復活8人と、秋山、そして新たなプレーヤーヨコヤが加わり、第3回戦が始まる。『密輸ゲーム』プレーヤー1人に新たに4億与えられ、持ち金は5億となり二手に分かれる。一対一で、個室に入れられ、どれだけの金をトランク…

  4. 「ライアーゲーム #9」感想

    昨晩は持病の偏頭痛がまじょ。脳内で破壊活動を行っていたため、ライアーゲームをリアルタイムで観ることができず。無念。寝癖が前衛的なまじょ。が朝イチで行ったのは洗顔でも歯磨きでもなく、ニコ動にライアーゲームが更新されているかの確認でございます。高速更新アリガトウゴザイマス。 物語はついに3回戦へ。敵対するふたつの国から自分たちの財産を移動し合う“密輸ゲーム”が3回戦の趣向。いかに検査官を欺いて自

  5. ライアーゲーム 9

    今度のゲームは密輸ゲーム。よく考えるな〜〜笑。
    ここで、新たに1人追加、、、このヨコヤって人が秋山さんが会いたかった人?
    超能力者らしいのですが、超能力使ったら面白くないじゃん〜〜。
    私がイマイチこのゲームを理解できてないせいか、
    あまり盛り上がらなかったのですが(どんどん置いてかれる、、、苦笑)
    あのメガネ君はヨコヤに何かされたんですかね??
    キノコよりはサラサラヘアじゃないけど、なんか兄弟みたいでした(爆)。
    キノコは実はオシャレなんだそうだ(ウケたぜ・笑)。
    このゲームで最終回までいくんですかね〜。
    次回は秋山さんが、、、いつもクールな秋山さんが、、、泣!
    今回も直ちゃんの下手っぴな演技に頭を抱える秋山さんに[:揺れるハート:] (笑)
     HP → 「ライアーゲーム」

  6. ライアーゲーム 第9話「密輸ゲーム」

    こんのキノコメガネの小さい方め!! なにが自分が王様だあ! みんなで強力せな勝てないでしょー。ぷんぷん。 でかい方のキノコはなぜかお着替え。 そして今回のゲームではなにもセコい手を思いつかず! もぅ〜せっかく味方なんだから、なんか思いついてよ! ちっちゃいキノコはトランクにお金が入ってるか見わける方法がわかったらしいですよ! なんで?? そんなの秋山さんなら、とっくに見破ってますよね!ね!秋山さん なぜか黙して語らぬ秋山さん。 最初は負けとくんですね!? そして敵にはうさんくさい超能力者が!! 「ぼく透視能力があるんです。  キミのパンツは、ずばりピンク!  ふはははは」 ナオ「そんな…どうして?」 秋山「落ち着け。手鏡でのぞいてるぞ」 ナオ「なあんだ、そっかー☆」 ヨコヤ(鈴木一真)「身長162センチ。スリーサイズは、B75/W56/H78。足のサイズは24。1988年8月17日生まれのAB型。特技は少林寺拳法だ!!」 ナオ「そんな…どうして?」 秋山「落ち着け。戸田恵梨香のプロフィールに書いてあるぞ。しかし…貧乳なんだな」 透視のトリックってなに!? わからん。。。 ヨコヤが吸引してた粉はなに!? 大麻!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>