トンイ 第38話「ふたつの喜び」

「できる、できないではなく、どうすべきか?」迷うトンイの背中を押すヨンギが語った言葉。社会人にとっても重要な言葉ですね。仕事の最中にはよく心の中で、葛藤するのがこれ。本当にできるのかな・・・できないんじゃないかな・・・というパターンを延々と頭の中で繰り返して、かなり時間が経ったころに”どうするか”と考え始めるのが私のパターンです。

粛宗の与えた罰と褒賞

張禧嬪

張禧嬪から王妃の地位を剥奪するが、世子のことを考えて禧嬪の称号と朝夕2回会うことを許す。
→張禧嬪を宮殿から追い出せなかったことを後悔する粛宗。

王妃の座を失った張禧嬪は住まいを移る。屈辱だな~。振り返らず去っていく張禧嬪。

張禧嬪の実家が民衆から襲われる。これって、民衆のガス抜きのために黙認しているのかな? 王妃は降格となっても禧嬪の地位は持っているんだからそんなことしたら後から復讐されると思うんだけど。流刑となるチャン・ヒジェとオ・ユンはそれでも格子の入った車で移動。オ・テプンたちは歩きで流刑というここでも差を見せつけられる。流刑となって移動する費用は罪人持ちらしいので、資金力で待遇の差が出たのかな?

トンイ DVD-BOX II
B005W8LLFS

仁顕王妃

廃妃されていた仁顕王妃は王妃へ復権。
粛宗を見て感極まり仁顕王妃の手をとって許しを請う粛宗。考えたら仁顕王妃も激動の人生だったんですね~。

張禧嬪を除くと内命婦で高位にあり力を持っているのはトンイということで、仁顕王妃を迎える役目を仰せつかるトンイ。

トンイと仁顕王妃は当然良い関係となるのはわかりきっているが、どんな役割分担をしていくのでしょうね。

トンイ

相変わらず粛宗はトンイにラブラブモード。今回の懲罰に関して後悔する粛宗を慰めるトンイ。あくまでも粛宗の心を支えるトンイは良妻の見本ですな~。

仁顕王妃はトンイに「私がそなたを守る。(以前の私は)王妃の座にありながら何もしようとはしなかった。(だから)そなたの座でできることをしろ。力を与える。張禧嬪に対抗できる力とトンイの胸に持つ志を果たす力を与える」と、かなりの期待値を持った言い方。その一環として、トンイは監察府を任せられることとなる。

トンイの与えた罰と褒賞

トンイは仁顕王妃から与えられた権限によりチョン尚宮を監察府の最高尚宮へ、チョンイムは正五品の尚宮へ昇進。正五品という官位は女官の最高峰ですね。それより上は王の女になるしかない。チョンイムの年齢からすると無茶苦茶なスピード出世のような気がします。

ユ尚宮への処分を下す瞬間にユ尚宮は

  1. 部屋に忍び込んだり、その他、罪を犯した
  2. しかし、その罪は王妃様の命令に従ったため犯したもの。
  3. 王妃様の命令に従うのが監察府の最高尚宮の務め

なので、女官たちの前で打ち首という不名誉な刑罰ではなくて自害とさせてほしいと訴える。

ところが、トンイの処分はユ尚宮は一般の尚宮へ降格で、ユ尚宮に従った二人の女官は最下位の女官へ降格という穏便な、ある意味でいい人すぎる処分。

この処分の意図は誰であろうと二度目の機会を与えるべきというトンイの信念。それは美しいことなのだけど、ビジネスの失敗じゃなくて生死がかかった戦いだったんだから厳罰に処したほうがいいかと思うのだけど。

チョン尚宮の懐妊への期待

ハン内官はチョン尚宮の懐妊が残件だと水を向けると王をからかうのではないと動揺するものの、粛宗が夢で見たものは懐妊の兆候といわれたので確認のためにトンイのもとへ。粛宗が今度はトンイに懐妊の兆候はないのかと水を盛んに向けるものの、こんなところは鈍感なトンイは何もないキリッという態度。その代わりに行きたいところがあるというトンイ。

活人署へ向かうトンイと粛宗。

三日も飲まず食わすでようやく活人署で食べたお粥がおいしかったと語るトンイに驚く粛宗。トンイからお粥が並んでいる人すべてに行き渡るわけではないと聞いて驚きと怒りを覚える粛宗。

実際にお粥が行き渡らない現場を目の当たりにして、宮廷から米を送ったはずなのにと怒りを爆発する粛宗。米の在庫を確認して7日前に送ったはずなのに少なくなっていることを確認すると粛宗は責任者たちを左遷し別の者を責任者に据える。

書類上の確認だけでは現場の状況が見えないことに気付いた粛宗はトンイに感謝する。

感動的なシーンの横で器を差し出したまま柵に寄りかかっている二人の民衆の姿は余計かと。

そして、側室の任命式を迎えるトンイが吐き気が、診断により懐妊が確認された。大喜びする粛宗。さあーーー、後の英祖の誕生かな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました