朱蒙(チュモン) 第3話

今回の朱蒙(チュモン)は「英雄未満は色を好む?」

朱蒙(チュモン)第3話は、

  1. チュモン(朱蒙)の誕生とユファ(柳花)の決意
  2. クムワ(金蛙)のチュモン(朱蒙)への溺愛ぶりとチュモン(朱蒙)の軟弱ぶり

を描いていました。英雄は生れ落ちたときから英雄となるのではない・・・が、チュモン(朱蒙)が幼少の頃にユファ(柳花)ともども惨殺される危機があったのに、殺し屋の剣に雷が落ちて辛くも助かるという場面があった。これはチュモン(朱蒙)が運命としてと英雄となるべく定められているという暗喩か。

しかし、あのチュモン(朱蒙)の軟弱ぶりは諸星あたるを髣髴とさせる。いやー、高句麗の建国の父と諸星あたるを一緒にしてしまうと殴られそうだな。

朱蒙〔チュモン〕第一章  前編
edit

朱蒙〔チュモン〕第一章 前編

ポニーキャニオン
¥ 20,160 (定価)
¥ 12,500 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
DVD
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:30現在)

決意するユファ(柳花)

ユファ(柳花)がヘモス(解慕漱)と出会った頃は乙女チックな表情を見せたのにヘモス(解慕漱)が死んで(と思わされた)からは、きりっとした顔となっている。そして、刺客に狙われて辛くも助かったあとに、クムワ(金蛙)の側室となりチュモン(朱蒙)を庇護してもらう決心をして以降はさらに厳しい表情をしている。ユファ(柳花)役のオ・ヨンスは美人だなー。でも、結婚していて子供もいるんだよなー←それがどうした。

だめぽチュモン(朱蒙)

戦争しに来のにプヨンに抱きつくは、戦闘となるとへっぴりごしで戦う軟弱ぶりを遺憾なく発揮。そして、極めつけはあろうことかプヨンに言い寄って倉に閉じ込められて、収穫を神に感謝する迎鼓祭(ヨンゴジェ)をぶっちしてしまったこと。

うつけものを演じているのなら立派だが、どうもそうではなくてこれが真のキャラクターの模様。親の顔がみたい。一体、どんな育て方をしたらあーなるのか? テソ(帯素)とヨンポならずとも目障りなやつと思って亡き者にしたい気持ちはよーくわかる。

そて、この諸星あたるチュモン(朱蒙)は英雄となれるのだろうか?

コメント

  1. るなぴ より:

    Stanakaさん、お久しぶりです。チャングムのイベントも行かれたんですね。私はドーム開催だったので、豆粒ほどしかヨンエ様が見られないと思い、断念しました。
    ”チュモン”の話題がやっと登場しましたね。私は一足お先、bsフジで見ていて、今17話まできました。主人公のチュモンのお顔がいまいちタイプではありませんが、話の展開は面白くてすでに浸かっております。5話くらいまでは、我慢して見て下さい。それからははまりますよ~。

  2. stanaka より:

    るなぴさん おはようございます
    前から2列目でも斜め横だったので豆粒でしたが、双眼鏡で拡大して堪能していました。バラのドレス姿が素敵でした。
    チュモンですが、女性陣に素敵な人が多いのでそちらを楽しみながら観ています。
    チュモンのへっぽこ王子ぶりも笑えてしまいますね。ここからは彼の成長ぶりが語られることになるのかな。
    それではラストの81話までご一緒に。

タイトルとURLをコピーしました