トンイ 第51話「宣戦布告」

今回のトンイは言うなれば、「兄弟愛 vs. 政治」でしょうか、もちろん、「張禧嬪 vs. トンイ」は引き続きあります。トンイはクムの兄への思慕の情を知って和解の印に仁顕王妃を呪殺しようとした証拠品を張禧嬪に渡すのですがタイミング悪くトンイが同格の嬪に昇格することが公開されたため張禧嬪が激怒して突き返してしまいました。やっぱり、張禧嬪とトンイは同じ屋根の下にいられない運命ですね。

トンイ DVD-BOX III
B006Z4ATBA

クムのピンチ

チャン・ヒジェの姑息な罠によりクムの風呂敷の中に世子のみが使うことを許されるという帝王学の書(昭鑑録)が転がり出てきてしまいウナクはびっくり仰天して隠そうとするが、タイミングよくやってきた役人に見つかってしまう。

東宮殿に不審な人物が忍び込んだとされる未の刻のアリバイを問い詰められて答えられないクム。実はその時間帯は内医院で薬剤をひそかに調査していた時間で兄と慕う世子から口止めされていたため黙秘を貫いたのでした。

益々立場の悪くなるクムに助け舟を出したのは当の世子。なんと、粛宗に昭鑑録を貸したと証言したのでした。

粛宗は世子の証言を盾に取りクムの罪を不問とし、さらに返す刀でトンイの「嬪(ビン)」に任命することまで重臣たちの前で言い放つ。勢いで粛宗は重臣たちの反発を強引に抑えた形。

ところで、昭鑑録なんですが韓国ドラマ・ガイド トンイ 後編 (教養・文化シリーズ)によると歴代の王が行った善政と悪政の事例が詳しく記述されたものとのこと。確かに、これは門外不出にしないとヤバイ書だわ。

束の間の息抜き?

 

世子は外を見たいと言い、クムはそれなら秋夕が近いので大道芸など見れると言って二人連れ立って宮殿を抜け出してしまう。血は争えないですね。お忍びで外へ出るのが好きな粛宗の子供だから仕方ない。とは言え、そんなに簡単に宮殿て抜け出せるの?

街中で、世子の得意な投壺で優勝して豪華賞品をゲットしたり踏橋(その年の災難を逃れるために橋を踏み渡る風習・・・らしいのだけど)で、クムは世子の病が治ることを祈り、世子はクムといつまでも親しく付き合えることを祈るという兄弟愛を感じさせるエピソードが展開される。

ところが、好事魔多し! 世子がスリと間違えられて捕盗庁(ポドチョン)へ突き出され牢獄へ入れられてしまうというアクシデントが発生。自分の身分を明かすと勝手に宮殿の外へ出てしまったことがばれるし、そもそも信用されるかどうかわからない。

一方、クムは世子が捕まってしまったことを宮殿側にばれないようにということで、ウナクへ助けを求めようとするが肝心のウナクがいない。

そのうちに世子がいないことにお付のものが気づき大騒ぎとなる。さらに、トンイ側もクムがいないことに気づき、それと世子がいないことと考え合わせて大変な事態と認識しトンイが直接捜索することになる始末。下手をすると世子を連れ出した責任をクムに取らされかねないため必死の捜索をするがクムの巾着が見つかったのみ。

張禧嬪側よりも先に見つけてクムに責任押し付けられないようにしなくてはいけないのだけど見つけることができないトンイ・・・。

いやーーー、ドキドキしました。どのように結果になるのか楽しみです。

トンイは政治的な優位よりも人間として充実した人生を送ってほしいという極めて正しい生き方を貫こうとするのだけど、それって考えが甘くない?と意地悪く思ってしまいます。だって、トンイもクムも王室の一員でいやでも権力闘争に巻き込まれる訳で政治的な動きは避けては通れないと思うし、王妃の座に就くかどうかというのを悩むかな~と思うわけ。正しいことを貫こうとしたら力と知恵がかなり必要で、その力を得るには政治の領域に足を踏み入れなくてはいけない。そのあたり、どのように整合性とるのかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>