ムサシが天国に行きました。

2012年6月2日20:30ムサシが天国に行きました。猫白血病のためです。後脚が麻痺して動かなくなり前脚だけで動いていたのが、段々前脚にも力がなくなり立ち上がってはよろよろと2-3歩進んでは、バッタリ倒れることを繰り返すようになっていました。トイレにも行けなくなったのでオムツをさせていました。ムサシにとってはこのオムツは嫌だったようです。

最後は食欲もなくなって、水を口にするだけとなり、無理にミルクを口に含ませても最初は飲んでいたのですが、そのうち飲み込む気力もなくなり何も口にしなくなりました。

最後は頭をのけぞるようにして口を開き苦しそうにもがいて息をしなくなりました。

ムサシが我が家に来たのはほぼ2年前の2010年6月6日にやってきました。

ムサシ

なんにでも興味を持つ頭の良い猫でした。最初の時は片手で楽々と持てる子猫で見知らぬ環境に連れてこられて2-3日はおどおどしながら生活していました。

DSC03978.JPG

我が家の生活になれて子猫から青年期の猫に成長すると頻繁に脱走するようになりました。ムサシは我々と鬼ごっこをしているようなもので追いかけられるのを楽しんでいて、少し距離が離れると振り返って僕はここだよっと言う感じで追いかけっこを楽しんでいました。

DSC03265.JPG

亡くなったあずみともいいコンビでした。あずみは天然系のキャラに対して、ムサシは理知的なキャラ。あずみの天然パワーに押され気味のムサシでした。

仲良し二人組

元気の良い時はマロンとも仲良しだったのですが、2011年11月に猫白血病が発症して体調が悪くなってくるとマロンが遊びたくてとびかかっていくと威嚇するようになりました。ずっと抗がん剤治療をしていたのですがリンパ腫は一旦おさまったのですが寛解の状態になることはできず今日を迎えてしまいました。

オムツをするムサシ

最後はオムツをして、朝晩にオムツを交換して数日に1回はシャワーで下半身を洗ってあげました。

約2年間を共に過ごしてくれました。老後を共にしてくれる家族として里親になったのに残念です。ムサシにとって最後は辛い日々だったと思うけどそれまでは幸せな時間だったことを願っています。一緒に暮らしてくれてありがとう。

本記事は「@もろいことない」と「ムサシの写真日記」の両方にマルチポストしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました