王女の男 第1回「運命の出会い」

とうとう始まりました~。トンイの後番組として、癸酉靖難(きゆうせいなん、ケユジョンナン)という歴史的事件を背景にした韓国版「ロミオとジュリエット」と言われた「王女の男」。

会いたくて韓流新スター・パクシフ号
4048990799

キム・スンユとイ・セリョンの出会い

初回は軽いタッチでの朝廷の重臣キム・ジョンソの息子キム・スンユと王族である首陽大君の娘イ・セリョンの出会いが描かれていました。

軽いいたずらの気持ちで未来の夫となる予定のキム・スンユを確かめたいセリョンと退屈な勉学をさぼりたい敬恵(キョンヘ)王女との利害が一致して入れ替わりを行って、セリョンが王女のフリをしてキム・スンユの講義を受ける。その講義でキム・スンユとセリョンが軽いジャブの応酬---悪口の言い合いとも言う---これがお互いを意識するきっかけとなるという、ありがち(現実にはあまりないと思うけど)な展開。

さらに、アクセントとして、世子や王様が訪ねてきてドキドキというパターンもありました。

ところで、王族といっても女性は学問なんてあまり必要ないとして、教育も初級の教育しかしなかったみたいな話をどこかで読んだのだけどこの時代はまだそんな風潮ではないのかな?

文宗と首陽大君のかけひき

朝廷の重臣であるキム・ジョンソを巡り文宗と首陽大君がパワーゲームをしている。それぞれがキム・ジョンソと姻戚関係を持つことにより、

  1. 文宗は世子の安泰
  2. 首陽大君は自身の身の安全と権力奪取

を目指していた。

キム・スンユとイ・セリョンとのラブストーリーが文宗と首陽大君のポリティカルな動きにより影響を受けていくというお話。

テンポはキビキビしていて問題は無いのですが初回ということもあり人物の説明と人物と人物の関係性を作っていく部分が主でありやや散漫な印象を受ける。今後を見ないとまだ評価できません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました