シークレット・ガーデン 第15話「雨よ降れ!」

とうとうバレちゃいましたね~。いや~そんなに簡単にカミングアウトしていいのかというくらいにあっさりと潔くゲロしちゃいました。キル・ライムとジュウォン二人とも同期してオスカーとイム監督に。

疑ってはいても、容易には信じられないオスカーとイム監督に信じさせる言葉が、

  1. ジュウォン(魂)はオスカーに「俺、自信があった。あいつに落ちない自信。平凡な女だから本気にはならないと思ってた。でも計画が狂った」
  2. キル・ライム(魂)「監督が深夜の電話に何と言って出るか知ってます。どこの病院だ。命は?」

ジュウォンはライムに向けた言葉になっているのに、ライムはイム監督に向けた気持ちになっているのが微妙だな~。

韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」オフィシャル・ガイド 後編
4062176092

これは入れ替わっているのは本当だと理解した二人が聞いたのは恥ずかしいシーン

  1. イム監督は「じゃあ、死ぬまで○○しないで」は?
  2. オスカーは「サウナはどっちだ」

って、そんな恥ずかしいこと入れ替わっているときにばれてますよん!

オスカーには男と女を超えた絆を感じる

イム監督には男と男を超えた殺意を感じる

とそれぞれの感想・・・。

ライムとジュウォン

入れ替わってしまったことによりライムのオーディションをどうするかが問題として浮上。ジュウォン(魂)は一緒に生活することを条件にしてオーディションの練習することに。意外と覚えの早いジュウォン(魂)。きっと、ライムの体が覚えているんだね。

入れ替わりの秘密を探りに済州島に行き、あの神秘ガーデンへ訪れるがあのときの怪しいおばさんはいない。空振りで帰ってきた二人を待っていたのはブノン。ブノンからジュウォンの自宅で一緒に住むことを禁止され、結果的に追い出されることになってしまう。

そんなドタバタがありつつオーディション当日を迎える。そこで事件が起きる。なんと雨が降り出して二人の魂が入れ替わったのだ。間の悪いことにライム(魂)がエレベータに載っている時に。入れ替わりによりジュウォンそのものがエレベータに閉じ込められることになりパニック状態となる。一方のライムはジュウォンが停止してしまったエレベータの中に閉じ込められていることが分かっているのでオーディションどころではなくなる。

オスカーとスル

「あなたが謝る姿は見たくない。哀れで」という場面がとっても切なかったです。今回のお話の中で一番のシーン。

オスカーはスルが変わってしまったのは自分に原因があるということを悟り、今までの人生の中で傷つけてきた人たちに謝ることを決心して次々と謝る。オスカーが謝った人から盗作騒ぎに関しての有力な情報を教えてもらう。あの作曲家がオスカー以外にも盗作曲を配っていた歌手の情報。オスカーが赴くとそこにはスルとサンがいた。スルとサンも人脈をたどって同じ歌手にたどり着いたのだ。オスカーを影で支えている二人の姿を認識したオスカー。いかに自分が他の人の善意で支えられていたかを認識した瞬間。

ところで、ジュウォンはライムのファッションをかつてけなしていたけど、今回来ていたファッションは可愛い・・・と書いていて気づいたけどジュウォン(魂)の時だけかな??やはり、ファッションセンスはジュウォンの方がライムより上なのだろうか? 時計もおしゃれなピンクやホワイトのをしていたよね。

ラストで携帯に向かって「キム・ジュウォン」と叫んでいたライム。さてさて、どうなるのか。予告ではスルとオスカーはまだ仲直りしないみたいで、ライムは金に物を言わせて特別にオーディションを受けるみたい。なかなか格好いいスタントが映されていましたよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました