スポットライト

スポンサーリンク
スポットライト

スポットライト 第16話/最終回「最後は勝つ」

今回のスポットライトは「どんな失敗も敗北も恐れない」「どんな失敗も敗北も恐れない」ソ・ウジン記者というコンセプトをもっと鮮明にして最初からやっていれば混迷する社会状況にあって勇気を与えてくれるドラマになったのにと悔やまれます。ラストである「最後は勝つ」ですが、勝たせるためにわざと敵方の戦闘能力を削いでしまったような気がするのは私だけでしょうか。スポットライト 公式コミック(1) (KCデラックス)...
スポットライト

スポットライト 第15話「報道の光と影」

今回のスポットライトは「おやぢ~」 オ・テソクのお父さんのオ・ソンファン、なんだかヨンファン建設の社長に会ったり、今回の終わりのあたりで情報屋からオ・テソクに渡すはずの資料を取り上げてしまったりと怪しい動きをしてます。 なんだか、最終回の展開が読めてきそうで嫌な予感します。最終話で突然にオ・ソンファンがいい人になったりしたら怒るよ。 スポットライト 公式ノベライズ 上巻 (単行本) オ・...
スポットライト

スポットライト 第14話「生死をかけた戦い」

今回のスポットライトは「記者と息子の狭間で」やはり、儒教の社会である韓国に生きているオ・テソクにとって、いくら自分の記者という仕事に忠実であろうとしても実の父親をさらに追い込むことになる行動というのはストレスとなると言えるのでしょうね。男にとって幼少の頃は父親は紙にも等しい存在で、何でも知っていて、何でもできる人な訳です。そして、自分が成長するに伴い、神にも等しいと思えていた父親が、実は自分と同じ...
スポットライト

スポットライト 第13話「託されたメモリー」

今回のスポットライトは「瓢箪から駒」 とうとう国家による不正を暴く羽目になったウジン。それはムン・ジェグク局長がインタビューなんて、できっこないという前提で組み立てたチョ・サンミン弁護士の取材リポートという試験問題が巻き起こした事件だった。 スポットライト―韓国ドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ) (大型本) ムン・ジェグク局長も人を見てから試験問題を出さなきゃ。秀才タイプのミョンウン...
スポットライト

スポットライト 第12話「真相の深層」

今回のスポットライトは「犬も歩けば携帯に当たる」あの携帯って、あまりにもウザいウジンの攻撃--含む懺悔まで使っての荒業--神父さんがわざと忘れたものなのでしょうか?最後の進行役選抜試験はチョ・サンミン弁護士の取材リポート。ウジンとミョンウンはそれぞれのキャラにあった取材の進め方をしていく。スポットライト Vol.1 秀才タイプのミョンウンミョンウンって、キャラの設定はヒロインをいじめる悪女タイプな...
スポットライト

スポットライト 第11話「ジャーナリスト対決」

今回のスポットライトは「仕事は楽しく!」今回はウジンのお父さん(名前はまだ出てきていないですよね)のウジンを励ましたセリフが秀逸。「仕事は楽しく!勇気を持ってやる」ウジンは本当に出来たお父さんを持っていて幸せです。私は果たしてうちの娘が何か壁にぶつかったときにウジンのお父さんのようにうまく励ますことができるかな?スポットライト Vol.1 キャンドル・デモはあんなにすごいデモ風景だったのに、あっさ...
スポットライト

スポットライト 第10話「語れない真実」

今回のスポットライトは「あなたは悪くない、世間が悪い」ば~い、ウジンの母。ウジンの母がウジンを慰めるためにかけた言葉です。この言葉だけ切り取ると子供を甘やかしている親馬鹿の言葉にしか聞こえませんが文脈で読むと50%くらいは真実が含まれている。スポットライト―韓国ドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ) (大型本)今回のスポットライトで前回で疑問だった問題が氷解しました。それはウジンのバックもらっちゃ...
スポットライト

スポットライト 第9話「特ダネの代償」

今回のスポットライトは「違法と便法の狭間」ウジンのあまりにもナチュラルな人の良さ振りが目につきました。一つ目は嫁入り前だというのに、ばっちりと顔に怪我させられているのにテソクに何でもありませんなんて言っている。充分に傷害罪として訴えられると思うのだけどしないんだよね。益々、ヨンファン建設を増長させるだけ。相手が巨大企業なら対抗できる権力を使わなくては。こういうときに警察を使えよと言いたくなる。二つ...
スポットライト

スポットライト 第8話「スクープのにおい」

今回のスポットライトは「ニュースは眠らない」イ・スンチョル達が見習いから二軍に昇格したのに併せて、団結旅行に出かけたウジンたち社会部。ちょうど王様ゲーム?でテソクとウジンの役割を入れ替えたゲームが進行中であったのに、キム・ハンチョル議員が刺されたと連絡が入り急遽、社に戻ることになる。テソクはこういうゲームは苦手でキャップという役目柄大人気なく逃げることもできずにやらされていたところに助け舟という感...
スポットライト

スポットライト 第7話「伝えたいニュース」

今回のスポットライトは「キャスター = 芸能人?」キャスターの第2次オーディションはニュース速報。反射神経と限られた情報からどのようにうまく肉付けできるかを見る試験のようでした。スポットライト―韓国ドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ) (大型本)特に肉付けする部分はキャスターの知識や経験がものを言う部分だけどコラムニストのように勝手に情感を加えて物語を作ってしまってはニュースとならないので、「崇...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました