2007-03

スポンサーリンク
季節

自由が丘でお花見

せっかく、桜が見ごろになったというのにお天気はあいにくの曇り。日焼けになる心配はほとんどないのでいいかもしれないけど、桜はやっぱり青空の下で見たいもの。デジカメで撮ってもきれいにとれない・・・・・。こちらは自由が丘の南口、MELSA-2近辺の桜の状況。カップルたちがベンチに座って、桜をバックに写メしている。こういうところでお花見するのは若い子達かカップル・・・。と思ってたらおっさんたちもいました(...
季節

ビルの中の桜

首都圏では午前中雨が降ったのですが、お昼からは写真のように晴れています。きれいな桜とぽかぽか陽気で散歩していてとても気持ちが良い。そんなことを考える人はたくさんいるようで、日比谷公園は冬の寒い人は比較にならない人出です。写真はしだれ桜
韓国ドラマ

日ド族

ドラマというよりは大衆文化という観点で朝鮮日報の社説に「韓流、日本の大衆文化に負んぶに抱っこで生き残れるのか」というのが掲載されています。日本の作品を原作とする作品が増えている文学においても日本の小説が翻訳されて売り上げを伸ばしている娯楽産業の急膨張によりコンテンツが枯渇しており、不足している部分を日本から補っているというような趣旨で、私から見ると自虐的なM系の人が書いているのではと感じてしまうの...
韓国ドラマ

ミド族

ミド族ってご存知でしょうか? 韓国では米国ドラマのことをミドと言うそうです。そこから派生して、米国ドラマのマニアはミド廃人やミド族と呼ばれるそうな。東亜日報のオピニオンの記事で、ミド族という切り口で自国のドラマのことが書かれている。思わず笑ってしまったのが、次のフレーズ「医学ドラマは病院で恋愛し、企業ドラマは会社で恋愛し、時代劇ドラマは三国(サムグク)、高麗(コリョ)、朝鮮(チョソン)で恋愛する。...
韓国ドラマ

韓国ドラマ 7つの「ベタな設定」

朝鮮日報とInnolifeで同一のネタ元からの配信と思われますが韓国ドラマ好きにはにやりとしてしまう記事があったので、ご紹介。脚本家が語る、韓国ドラマ7つの「ベタな設定」とは(上)脚本家が語る、韓国ドラマ7つの「ベタな設定」とは(下)韓国ドラマに必ず出てくる!!5つの“お決まり”パターンなぜ、7つだったり5つだったりするのかは突っ込みどころ満載の韓国ドラマの記事を書いているから・・・・。上記の記事...
日本映画

アンフェア the movie 黒色潰疽菌

アンフェア the movie の小道具で、黒色潰疽菌が登場していました。映画を観ていて気になったのは、感染してから数時間で発症症状として、皮膚が黒くなるという特徴を持っていました。では、黒色潰疽菌は本当にある菌なのだろうか?GoogleさんとYahooさんに聞いてみましたが、出てくるのはアンフェア the movieのレビューばかり。それで、三代目語録というブログのアンフェアにはアンフェアを。で...
宮廷女官チャングムの誓い

チャングム イラスト

うちの娘が描いてくれた女官たちです。顔が正面を向いていませんが、チャングムだと勝手に私は想像しています。チビ・チャングム女官となったチャングムチャングム
チャングム 完全版

宮廷女官チャングムの誓い 第11話「真相究明」完全版

今回のチャングムの誓いは「恋しさと せつなさと 心強さと」いやー、最近のマイブームである篠原涼子にあやかった訳では全然あります!! 篠原涼子が歌手だったことを知っている人は大前春子の過去を知る人より少ない・・・な、訳はないか。さて、チャングムとクミョンが敵対意識を明確に持ったエピソードであり、チェ一派とチャングム派の激突の始まりです。今回、再確認しましたが、チャングムとハン尚宮の二人はミョンイをと...
TV番組

日経ビジネスとハケンの品格

日経ビジネスのpodcast「新編集長のここだけの話」3/16付けの番組を聞いているとハケンの品格 が話題になっている。佐藤編集長が実はドラマフリークだということをカミングアウト。ハケンの品格は好きで観ていて部下にも勧めたとのこと。さらには、この問題を近々取り上げると言っていたので、日経ビジネス版「ハケンの品格」が読める日は間近。表紙に大前春子が登場したりするといいのだけど、何の雑誌?となってしま...
季節

暖かい日和

日比谷公園シリーズ散歩で歩いていると汗ばむと書いてもおかしくないほどの陽気。大学の卒業生たちが日比谷公園にいたりするのには季節を感じますね。四月からは社会人になるのだろうな。桜は徐々に咲きつつある。カメラを持った人があちこちにいて撮影しています。これから梅雨に入るまではいい季節になる。いやーーー極楽極楽。癒されます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました