2013-11

スポンサーリンク
シークレット・ガーデン

『シークレット・ガーデン』OSTの 歌手・ペク・チヨンさんインタビュー放送があるぞ

その女(初回限定盤)(DVD付) 「シークレット・ガーデン」のドラマ挿入歌「その女」を歌っているペク・チヨンさんのインタビューが『テレビでハングル講座』の中で放送されます。情報はこちら 『テレビでハングル講座』     Eテレ  2013年12月2日(月) 午後10時~10時25分(再)  Eテレ  2013年12月6日(土) 午前6時~6時25分 「その女」が流れてくるとシークレット・ガーデ...
韓国

韓国版Twitter「me2day」終了予告

韓国版twitterと呼ばれることもあるme2dayですが、本日メールが飛んできて2014年6月30日でサービス終了することが周知されてしまいました。運営会社はNaverです。 me2dayはK-POPのアイドルグループや人気スターがやっていることもあって、韓国ではtwitterよりもユーザを惹きつけていました。twitterのアカウントは無いけどme2dayのアカウントがある韓国スターがい...
韓国ドラマ

「冬のソナタ」を大スクリーンで楽しもう!

冬のソナタは永遠だな~と思えるイベントが企画されています。 冬のソナタ ビックスクリーンイベント in JAPAN→ 「冬のソナタ」全20話の映像を約110分で再構成し、本編のドラマO.S.Tも入れて再編集し、大画面でお届け致します。また、ドラマのメイキング映像で今まで公開されてない映像やお宝映像などを約30分にまとめたものも上映予定なのでどうぞお楽しみに。□12月2日(月) 光が丘IMAホ...
韓国ドラマ

「怪しい家政婦」の厳しい現実と好意的な評価

Vol.1 ― 韓国版「家政婦のミタ」放送終了…消せなかった原作の影“それにもかかわらず” - PICK UP - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle Vol.2 ― 韓国版「家政婦のミタ」放送終了…チェ・ジウ、清純さを捨て女優の香りを残した - PICK UP - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle 韓国版「家政婦のミタ」である「怪しい家政...
Wordpress

BlogJetというブログエディターを見つけました

私はブログの投稿にはWindows LiveWriterを使っています。無料ということと結構使える機能を持っているので使っています。以前はジャストシステムの「 xfy Blog Editor」を利用していたのですが
馬医

馬医の登場人物 イ・ミョンファン

ドラマ 馬医において悪役となるイ・ミョンファン。馬医の息子であることをひた隠し、クァンヒョンが馬医出身であることを隠そうとないことに嫉妬のような感情を抱き目の敵にする。 ひょっとして、クァンヒョンがかつての親友カン・ドジュンの息子であることを深層心理で理解していて、強烈な反発を産んでしまっているのかな・・・。韓国ドラマ・ガイド 馬医 後編 (教養・文化シリーズ) イ・ミョンファンは医学生時代に...
馬医

馬医 第21回「切ない想(おも)い」

今回の馬医は淑徽(スッキ)王女、チニョン、クァンヒョンの三角関係をメインにしつつ、ネバーギブアップのイ・ミョンファンの策謀、コ・ジュマンの医療改革といった盛りだくさんのテーマが並走して展開されています。韓国ドラマ・ガイド 馬医 後編 (教養・文化シリーズ) コ・ジュマンの医療改革 コ・ジュマンは治腫庁の復活させる。病気は身分など無関係に罹ってしまうが、治療は身分(お金持ちか否か)により差別され...
馬医

小説版「馬医(下)」を読みました。

馬医の脚本をベースにノベライズした作品の最後の巻を読み終わりました。 馬医の下巻の特徴はクァンヒョンの医者としての技術進化と患者のためを思う治療ということ、それに合わせて鍼治療、特に腫瘍などの膿を出して治療するというところに焦点を当てていたように思えます。 鍼の治療だと高価な薬材を使わないので貧しい一般大衆でも治療を受けやすいという側面があるので、一般大衆も王族も両班も分け隔てなく治療するというク...
馬医

馬医の登場人物 淑徽(スッキ)王女

淑徽(スッキ)王女はドラマに於いては天然系キャラで直球しか投げない性格の王女様。クァンヒョンと異人村でチニョンと一緒に出会い、そしてペットの猫のタリを見事に治療することから淑徽(スッキ)王女は惚れてしまう。しかし、鈍いクァンヒョンは淑徽(スッキ)王女の気持ちに全く気付かない。 淑徽(スッキ)王女を演じるのはキム・ソウン (김 소은)1989年 9月 6日生まれです。今までの出演作で有名なところは「...
馬医

馬医の登場人物 ソ・ウンソ

ソ・ウンソはイ・ミョンファンの後ろ盾となる左議政チョン・ソンジュの長男の妻です。ソ・ウンソの夫は先立っており、当時の朝鮮王朝の時代では寡婦が生きながらえるのは恥だとされる風土があり病にかかっても治療を拒んでいた。さらに。クァンヒョンがひょんなことで治療するように連れて行かれた時に自殺を図ることまでした。 クァンヒョンはソ・ウンソを治療しさらに生きるよう励ます。クァンヒョンはソ・ウンソの体と心を治療...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました