スポンサーリンク
Uncategorized

社員旅行 信州1泊2日

2019年10月19日~20日で信州へ社員旅行で行ってきました。 台風の影響は残っていて中央自動車道の 八王子JCT~大月IC が通行止め(10/19 12:00に復旧でした)でしたので八王子JCTから圏央道→東名→一般道路→中央自動車道という遠回りかつ渋滞の道路状況でした。おぎのや諏訪店で昼食にありついたのが15:00くらいという遅めの食事となってしまいました。 おぎのやでの昼食 ...
写真展

写真展「cells -photo- vol.3」に出展!

写真展「cells -photo- vol.3」に出展します。 今回の作品は水中写真でモデルは百鬼司さんです。 テーマは「魔女覚醒」 プリントのサイズはA3で展示します。 明日(5/25)からの開催となります。 開催概要 【日時】 2019年5月25日(土)~5月27日(月) 25日(土) 13:00~20:00 26日(日) 11:00~20:00 27日...
韓国映画

韓国映画「華麗なるリベンジ」 ネタバレあり

駐日韓国文化院で「華麗なるリベンジ」が上映されるということで観てきました。 熱血(暴力)検事ピョン・ジェウク(ファン・ジョンミン)が取り調べしていた容疑者を殺害したという無実の罪をきせられ、服役しながらもリベンジをやり遂げていくお話。 懲役15年の判決となり有罪となった元検事ピョン・ジェウクは刑務所に送られる。当然、その刑務所にはピョン・ジェウクが担当した懲役囚が何人もいるわけ...
写真撮影

Nouvel Espoir collection ファッションショーのご案内

「服が人に新しい希望を与える」を コンセプトにしたファッションショー Nouvel Espoir collectionが開催されます。 開催の概要は以下の通りです。 開催日時:5月18日(土)18:00-21:00予定 開催場所:音部屋スクエア 前売り券:3000円D込み 当日券:3500円D込み 予約フォーム 私は撮影係として当日は参加します。 レッス...
写真撮影

江の島 ロケハン その2

江の島のロケハン続きです。 参道ではなく裏の抜け道を歩いてきましたが最終的には参道に合流します。 江島神社奥津宮へ行きます。 しっとりと落ち着く、なんかいい感じの 建物なんですが実はトイレなんです(笑) さらに進んで「恋人の丘」へ行きます。 南京錠がずらりと並んでいるのがわかるでしょうか? 龍恋の鐘も...
写真撮影

江の島 ロケハン その1

江の島をロケハンしてきました。 お天気が良くて汗ばむほど。平日なのに人が多いのはさすがに人気の観光スポットですね。 東京2020オリンピック・セーリングが江の島で開催されるということで関係者の方が江ノ島神社に訪れていました。 江の島の玄関口となります。 正面に見えているのが「青銅の鳥居」 平日なのに人出が多いのはわかるかと思います。 ...
退職後

64歳にして退職後にすること 【健康保険】

退職すると入っていた健康保険をどうするかの選択が迫れます。取り得る選択肢は下記の1か2の二つです。 国民健康保険に入る 任意継続 配偶者の扶養となる 失業保険を貰っていると不要になれないケースが多い 3の場合は組合により失業保険の金額の上限があるので確認が必要です。協会けんぽの場合は、基本手当日額が3,611円以下でないとなれないとのこと。 国民健康保険...
街歩き

長浜まち歩き その2

朝食を済ましたら引き続き長浜のまち歩きです。観光の中心は「黒壁スクエア」で、黒漆喰の和風建築が集まった観光スポットです。 ところで、なんで黒壁という単語が使われているのでしょうか? 現在は黒壁ガラス館として使われている第百三十国立銀行長浜支店の壁が黒塗りだったことから「黒壁銀行」という愛称で呼ばれていたことからのようです。と、ここまで書いていて肝心の黒壁ガラス館を撮っていないことに気づくorz ...
Uncategorized

長浜まち歩き その1

10連休のゴールデンウィークを利用して関西の実家へ帰省しました。帰りに長浜によって観光したので少しレポート。 車で行きましたが市営駐車場に止めました。休日は1時間200円で最大1000円のお値段です。駐車場は探せば最大500円のところがありましたので、こちらの黒壁スク エア周辺駐車場マッ プでチェックしていきましょう。 最初に寄ったのが親鸞聖人にゆかりのある大通寺。安土桃山時代の建...
イベント

江口寿史 イラストレーション展 彼女

明石文化博物館で開催されている、春季特別展「江口寿史イラストレーション展 彼女」~世界の誰にも描けない君の絵を描いている~ を観てきました。 僕にとってはジャンプに連載されていた「ストップひばり君」が鮮烈に脳内に残っている作家さん。男子の妄想をそのまま漫画にしたと言っても過言ではないと思います。 展示されている作品は撮影可能というのも太っ腹ですが気を付けないと撮...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました