「のぼうの城」観てきました。

「のぼうの城」をワーナーマイカルシネマズみなとみらいで観てきました。

『のぼうの城』オフィシャルブック
著訳編者表示なし
4041103134

社会人になって配属されて住んだのが行田市で、忍城という名前は知っていたのですが、まさかこんな戦いがあったなんて知りませんでした。

20,000 vs 500という軍事的なパワーが圧倒的に違いすぎることが最初からわかっていたのだから、私としては降伏と言うのが正しい選択だと思うのですがね。特に農民からすれば支配層が変わるだけで自分たちの生活にはあまり影響ないはずなので、そんな支配層の自殺行為に巻き込んでくれるなというのが普通の態度じゃないかなと思うのだけど、この地の農民たちは違っていた・・・。

農民からも「のぼう様」呼ばれ愛され(?)ている成田長親の不思議なカリスマ性が農民、武士を一致団結させて地の利を生かした戦いを描いていく。

圧巻は水攻めに会った忍城を救うために「水攻めを破る」「悪人になる」と言って湖の上でパフォーマンスを繰り広げる成田長親。味方どころか敵まで巻き込んで自分のパフォーマンス(田楽踊り)に惹き付けてしまう不思議な力。これって、最高のエンターティナーというヤツなのだろうか。狙いは自分自身を差し出して石田三成に殺させること。そうすることによって、水攻めで低くなった味方の士気を高め、敵の士気を低めること。

ここでも農民の心を掴んでいた成田長親は勝利し、石田軍からの狙撃で重傷を負うものの、水攻めの堤の破壊工作を城外の農民が行うという好意を引き出し形勢逆転の状況を作り出すが・・・。

忍城にあんなおと漢たちのドラマがあったなんて気づきもしませんでした。知っていればもうちょっとゆかりの地を訪ねたのにと、いまさらながら遅い後悔をしております。

面白かったのですが欲を言えば戦闘シーンがそれほど知恵を絞った戦いになっていないこと。もっと奇想天外な仕掛けで石田軍を翻弄するシーンを見たかったです。

期待せずに見たのですが面白かったです。甲斐姫役の榮倉奈々が相変わらず悲愴な顔をしているのがやや気になりました。

エンディングロールで流される現在の行田周辺の様子ですが、知っているのが秩父線の持田駅だけだったので、ちょっと凹んでいます。当時は残業につぐ残業で土日もなしで働いていたからそんなところは知らなくて当然と自分で自分を慰めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました