【PR】「FontCam (フォントカム)写真加工カメラアプリ」ポップで楽しい

FontCam (フォントカム)写真加工カメラアプリ 1.0.4(¥85)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
現在の価格: ¥85(サイズ: 25.4 MB)
販売元: Sony Digital Entertainment Services Inc. – Sony Digital Entertainment Services Inc.
リリース日: 2013/01/15
現在のバージョンの評価: (1件の評価)
全てのバージョンの評価: (15件の評価)
App

スマートフォンで写真の楽しみ方が変わってきたような気がします。今までは撮影するときに風景ならフレーミングやら光の具合やお天気、雲といった外界の条件が整うのをまったり、動くものならそれこそ動くまであるいは登場するまで待ったりして撮影となります。たぶん、普通の人は撮影すればそれでおしまいで後はPCに取り込んで見たり、印刷したりすることになるかと思います。

もう少し手間をかける人はレタッチソフトで画像を編集してというステップがありますが、これがソフトが重かったり、価格が高かったり、使い方が難しかったりでハードルがあるので多くの人が使うという状況にはありませんでした。

ところが、スマホ+カメラアプリがこのあたりの状況を一変してしまって、撮影してデコレーションして公開というステップがとっても簡単に出来るようになりました。このあたりはカメラメーカーではなくアプリ屋さんがガンガンやっているところですよね。日本のカメラメーカーはこのあたりの連携についてようやく考え出してきているようですが動きは遅いなーという感じがしてます。

今回、ご紹介するアプリはαシリーズのカメラを出しているソニーの関連会社である株式会社ソニー・デジタル エンタテインメント・サービスがリリースしているアプリです。ぜひ、デジカメにもフィードバックして連携してほしいアプリです。

カメラロール-432

【FontCam】(フォントカム)写真加工カメラアプリを起動すると上の写真の画面になります。真ん中にカメラと写真のアイコンが表示されています。これから写真を撮るものを編集する人はカメラ、すでに撮った写真を編集する人は写真のアイコンをタップしてください。

それでは、これから【FontCam】(フォントカム)写真加工カメラアプリ注目機能を説明していきます。

お洒落でカッコいいフォントが全38種類のフォントが使い放題!

2月23日に追加された20種類のフォントと初期に配信されていた18種類のフォントと合わせて38種類のフォントが使えます。使えるフォントはこんなのです。

d3189-56-700706-1

写真に説明で文字を入れたい場合が多くあると思います。そんな時に普通の明朝やゴシックでは写真の雰囲気に合わないことがありますよね。そんな場合でも上のように色んなティストのフォントがあると写真の雰囲気を壊さずにむしろ盛り上げてくれるフォントを選択することができます。

厳選フィルターで雰囲気UP!

写真をトイカメラ風・レトロ風・水玉フレームなど色々効果を追加して遊べるフィルターが8種類付いています。あなたのセンスでデコレーションすることができます。

FontCamでやってみた

カメラロール-433カメラロール-434

まずは写真を撮影するかカメラロールから写真を選びましょう。今回は「タマ」ちゃんにモデルになってもらいました。写真に余分なところがあるとカットできるようにクロップする機能があります。お好みで余分なところは削除しましょう。写真の場合はどこを捨てるかがキーポイントだそうですよ。ここでも、断捨離ですよ!

カメラロール-435カメラロール-437

画面下の「Font」をタップして文字を入れてみましょう。上の写真のようにフォントを選べる画面が表示されます。英字もいろいろと楽しそうな雰囲気のフォントが用意されていますね。今回は日本語を入力するのでJapaneseから「たぬき油性マジック」を選択しました。

カメラロール-461カメラロール-462カメラロール-464

文字は色や透明度、フチの色、太さを選べます。そして、回転や移動も自由自在です。これを使ってタマにしゃべらせることができますよね!

一度作成した言葉はスタンプ機能から再度呼び出すことができますので他の写真でも流用できます。

カメラロール-441

上のオリジナル写真に対して、エフェクトをかけてみましょう。

カメラロール-443カメラロール-444

←Sketch(スケッチ風)、Vibrant(鮮明と訳せばいいかな?)→

カメラロール-445カメラロール-446

←Teal(ティールで色の意味だけど不明)、Toy(トイ風 まわりがうす暗くなる)→

カメラロール-447カメラロール-448

←Retro(レトロ調)、Bubble(バブル)→

カメラロール-449カメラロール-450

←Sepia(セピア調)、Monochrome(モノクローム)→

こうやって並べてみるとバブルがいいかなと単純に思っていましたが、セピア調も雰囲気がタマに合っていていいですね。お手軽に効果を確かめることができるのでその写真のシーンにあった効果を簡単に選択できます。左下の太陽マークみたいなのは効果を強めに出すことのできるボタンのようです。強弱も付けて確かめてください。

おしゃれなフォントとフィルターでその場で撮影した写真で仲間と盛り上がることができそうですね。気にいった方はダウンロードしてみてください。今なら、85円のセール価格で販売中!です。

定価250円のアプリ本体を期間限定85円で販売中です。定価から165円引きと大変お得なキャンペーンを実施中です。

そうそう、出来上がった写真は下記のようにツイッター、FaceBook、Flickrなどなどにアップも簡単にできるようになっています。だから、その場にいない仲間に楽しい写真をシェアすることが簡単にできます。

カメラロール-456

[PR by ブログタイムズ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました