WebNXの紹介 VPS

WebNXというところのVPSサーバのベータテストに応募して1ドルで1ヶ月借りてテストしています。テストしているのはDeki Wikiですが、インストールに難航しています。難航している理由はCentOSにあること。もちろん、CentOSができない理由ではなくDeki Wikiのインストールの難しさにあります。.NET互換のmonoを使っているのが大半の理由ではないかと勝手に想像しています。Deki Wikiの開発者たちがマイクロソフトからのスピンオフ組だから仕方ないのかな。

で、思いあまってWebNXのサポートにOSをUbuntuにできないかと相談したところ速攻で対応してくれた。が、入れてくれたのは一つ前の6.06のバージョン。7.10にしてくれと調子にのってお願いしたら24時間待ってくれとのこと。理由はVMをOpenVZ(XENではない)で実現しているのだけど出来合いのテンプレートがないとのことでした。テンプレートってなんだろうと思ってググるとOSのイメージみたいなものだろうか。7.10も存在していたのでサイトをお知らせして対応待ち。

WebNXを使いたいと思ったのはベータテストから本番に移行した時の費用が1GB memory,30GB Disk で約30ドルと安価なこととデータセンターがロサンゼルスと西海岸にあるので日本からアクセス時のレスポンスに期待が持てたことです。その上、このような親切な対応をされるとぐっと評価が上がってしまう。今日の仕事が終わったところで対応していてくれることを期待していよう。

早くもお昼前には回答あり。サービスすごいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました