WebNX 遅いかも?!

昨晩、ちゃんとWebNXにUbuntu7.10がRebuidされていました。SSHが動かないという事象があり再度サポートに対応していただき、Deki Wikiのインストールに成功。それで、動作を確かめているのですが、期待したパフォーマンスではない。どうして、期待していたかというと、メモリーが1GBという贅沢な構成。スワップは見ている限り発生していない。2番目の理由として16CPU。これで遅いわけがないどうだ!と、思ったのだけど、触っていて「もっさり」感がある。予感はあって、インストールしているときに、Deki Wiki のtar.gzをサーバ上で解凍しているときに他のサーバより明らかに解凍のスピードが遅かった。

これはどうしたことか。サポートの対応はとても気にいっているのだが。

確かめたい人は以下の2つのサイトをアクセスして比較してみてください。 WebNXVMはOpenVZ LinodeVMはXen

Linodeのメモリーは384MBです。

このままでは、WebNXへの移行はできないので、またもや、サポートにご相談するしかないのかな。

うちの奥さんと娘は春休みを利用して帰省中なので、私を止める人はいないので2時までやってしまった。眠い。

コメント

  1. がーこ より:

    stanakaさん(*^-^*)
    お久しぶりです!!
    上のエントリに関係ないですが・・・
    『チャングム総集編』が昨晩夜中から始まったの、ご存知・・・ですか?
    たぶんstanakaさんのことだから、ご存知だと思いましたが・・・
    NHKも結構ひっぱりますね!!
    といいつつ…これで何回目になるでしょう?私は、今昨晩の録画を見ていますよ!
    たぶん4月から始まる「ファンジニ」の番宣なのだと思います。
    ではでは・・・また(^з^)-☆

  2. bd_ より:

    WebNXのサイトを見たけどそこの「1024mbまでバースト可能」という点がちょっと気になります。そういうことだと、ホーストが勝手にスワップしてることになるでしょう。
    やっぱりメモリーだけは定量にするべきだと思います。ちょっと減らしてしまうかもしれないけどホストでスワップされるよりマシです。

  3. stanaka より:

    がーこさん
    お久しぶりです。
    サイトにはちょこちょこと読みに行っています。
    で、チャングム総集編なんですが深夜過ぎるのとレコーダのディスク容量が心配な事態になりつつあり昨日のは見ていません。どうでした?
    以前、大晦日で総集編を見たときはあれは既に見ている人へ追体験するためのものだと思いましたが、おんなじかな・・・。:?:

  4. stanaka より:

    bd_さん、コメントありがとうございます。
    バーストRAMについてちょっとグーグルして俄か勉強しました。参考サイトはこちら
    http://www.namepros.com/web
    で、バーストRAMというのは余っていたら使えるメモリーと理解しました。なので、ピーク時にちょっと融通しましょうということでしょうか。使っているのに返せと言われたときにどうなるのかな?
    問題は参考サイトにも書いていますがサーバに多数のユーザを詰め込んだときにバーストRAMの意味がないということでしょうか。
    Xenのように割り当てメモリ超えたらディスクへスワップするのとどちらがいいのでしょうかね??
    バーストRAMがうまく回っているとOpenVZの方がXenよりもよさげに思えるのですが、Linodeでは明らかにXenにした方がパフォーマンス的には良くなっている。日本語で解説したサイトはないのでしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました