ガリレオ Story #02 指標す–しめす-

今回のガリレオはダウジング=振り子がテーマでした。振り子にプラスして共振現象が謎解きのポイントでしたね。

ガリレオ Blu-ray BOX
B00B8MMGMO

そして、今回のスペシャルゲストは、川口春奈さん。

48470452974847045297

 

今回のガリレオの事件は?

1人暮らしのおばあちゃんが殺され、隠し財産の金の延べ棒がなくなり、そのおばあちゃんの飼い犬が離れたところから死骸として発見された。

ガリレオらしい事件と言うのは、飼い犬の発見され方であった。女子高生・真瀬加奈子(川口春奈)の水晶の振子を使って発見したというもの。ダウジングを彷彿とさせる発見方法。

ガリレオ–湯川 学–のアプローチ

B00BMPSWR0

まずは現場に至るまでの道沿いに水晶の振子に影響するような現象がないのかを調査。調査機器には「広域電磁波測定器トリフィールドメーター(TRIFIELD METER)」を持ち出して測定していました。1台で電場・磁場・マイクロ波の電磁波が測定可能だそうです。

そして、結論としては影響を与えるようなものは何もないということ。さて、これで科学的にダウジングを明らかにするということが難しくなるけど、真瀬加奈子(川口春奈)が水晶に聞くシーンを観察することに切り替える。

そして、水晶が動き出す瞬間をとらえることができ、なぜ、動くのかを推定することができてしまう。まあ、これはガリレオ–湯川 学–がこうだろうという想定が出来ていないと、あれだけピンポイントで調査するということはできないでしょう。

ガリレオ–湯川 学–の結論

真瀬加奈子(川口春奈)の不覚筋動により無意識に水晶の振子に振動を与えることにより共振で動き出すことができた。

つまり、真瀬加奈子(川口春奈)は犬がどこに捨てられたのかと、その犯人は誰かを知っているということ。

その情報があることにより無意識に水晶の振子の動きを制御できた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました