僕の彼女を紹介します

DVDレンタルにて、やっと観ました。

僕の彼女を紹介します 特別版 〈初回限定生産〉

予告編と猟奇的な彼女の印象が強かったので、ラブコメディーだとばかり思い込んでいました。すぐに、ギョンジンとミョンウがくっついたので、このままラブラブなシーンが山あり谷ありで続くのかと思っていたら見事に崩してくれました。


中間で、彼女のミス(かな?同僚の刑事がミスっていない?)で、ミョンウを射殺してしまう。そこからが、がらりとロボコップ物じゃない・・・・悲恋の物語と化していく。それまでのラブラブな中で登場した小道具の紙飛行機、プレゼントした本に書いたパラパラ漫画、旅の途中で語った小指の物語、ごめんと言わせたいなら名前をごめんにしな、そして、「猟奇的な彼女」までも使ってしまう。小道具が登場して風が吹いて風車が回ると涙腺が緩んでしまう。とは言うものの、サービス精神の表れなのか冗長な表現が目に付いてしまった。明らかに最終部分はもっとカットしていい、その部分を彼女がロボコップしている場面やどん底に落ちていく場面に使えばしまった映画になったと思うのだけど。しかし、チョン・ジヒョンはスタイルがとてもいい。立っているだけで様になる。

コメント

  1. hibana より:

    コメント・TB有難う御座いました^-^
    期待してなかった作品だったけど、いい意味で裏切られました。
    こちらもTBさせていただきます♪

  2. kazami より:

    そうそう、風とともに現れたミョンウのシーンで終わってもよかったですよー。
    そこからトーンダウンしましたから。
    付け足しみたいな感じで。
    でもあんなスタイルのいい人に婦人警官の制服は、もうそれだけで魅せますよねー。反則でしょー。
    普通の格好の何倍もスタイルよく見えますし。
    とりあえず、私も全然期待してなかったのと、疲れがたまっていたせいか?!意外にもどっぷりやられてしまいました。
    単純に楽しめてよかった。

  3. ColleColle より:

    僕の彼女を紹介されました

    「僕の彼女を紹介します」/WOWOW いや、タイトルに反していい映画でした・・

  4. 僕の彼女を紹介します

     「僕の彼女を紹介します」 クァク・ジョエン監督,チョン・ジヒョン,チャン・ヒョク出演(2004,韓国)。
     「猟奇的な彼女」の監督と女優コンビの作品。ちまたでは評判はあまり良くない作品(というのは,見て…

タイトルとURLをコピーしました