シークレット・ガーデン 第14回「真夜中のシンデレラ」吹替え版

今回のシークレット・ガーデンはさしずめクリスマスの贈り物。贈り物はライムとジュウォン、そして、オスカーユン・スルにもありました。オスカーにはほろ苦い贈り物になってしまっていますが、これはきっと、そのうちに甘い贈り物に転換するかも。

ライムに魔法使いオスカーが手を貸して、ドレスアップした姿ジュウォンの前に登場する。ライムがジュウォンに会いに来ただけではなくVIPパーティに相応しいファッションに身を包んで現れたことによりジュウォンはライムと一緒になると心を決めたんでしょうね。

だから、最強母親であるブノンに知られることを恐れずにVIPの前でライムとキスをしてみせたのでしょう。

最強母親ブノン撃破

VIPパーティでジュウォンがライムにキスしたことを知ったブノンは早速、反撃に出る。手始めはライムの友人のアヨンをロエルデパートからクビにすること。

ライムとジュウォンがブノンの自宅に押しかけたときに雨が振出し二人は入れ替わってしまう。ただ、この入れ替わりが功を奏してブノンに強気に出るライムとライムを信じるというジュウォンという構図を自然に作ってブノンを圧倒してしまう。

クリスマスを愉しむライムとジュウォン

ジュウォンはライムの自宅をクリスマスバージョンに飾って社長の特権でキム秘書にアヨンを残業させるよう命令するもののアヨンが先回りしてごゆっくりと言う。

そして、ジュウォンとライムは入れ替わった後にアクションスクールのクリスマスパーティに参加して仲間たちとのクリスマスを愉しむ。

みんなが演じていた宴会芸は何かの物真似なんですかね。本当に楽しい雰囲気が伝わるシーンでした。

オスカーには苦いプレゼントと過去の気づき

なんと、盗作した作曲家が逆切れして、盗作はオスカーの指示だと虚偽の話をリークしたことによって、オスカーならやっぱりという世間の風潮があって一気に不利な状況に。

オスカーのコンサートも中止となる。

そんな苦いプレゼントがオスカーにあったものの、ユン・スルとの過去の思い出が思い出されてくる。

  1. ユン・スルの好きな曲をパーティで弾いた。
  2. ユン・スルはチーズケーキが好きなことを思い出す。←最終回でわかるけどこれは間違い。前回、否定していた焼き栗が正解でした。
  3. ユン・スルがオスカーのプロポーズを断った理由に気付く。

入れ替わりを悟られるライムとジュウォン

ジュウォン魂/ライム姿はライムの父の命日に気付かず、引っ掛けで死んだ同僚のことを生きているものと話をしてイム監督にばれる。

ライム魂/ジュウォン姿はすぐさっきまでいたジヒョンの連絡先をオスカーに聞くと言う失敗をおかしてオスカーに悟られてしまう。

さーーて、来週はどんなドタバタになるのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました