ガリレオ Story #11 聖女の救済<後編>

今回のガリレオ Story #11 聖女の救済<後編> で初めて(だよね?)岸谷美砂(吉高由里子)のお手柄がありました。まあ、太田川の怪我の功名もあってのことですが。

真夏の方程式 (文春文庫)
4167110156

 

今回のガリレオの科学ネタ

知りませんでした~。化石をCTで調査するのが定番になっているなんて。ガリレオのこのエピソードの元ネタはこれかな→恐竜の心臓化石をCT検査、温血動物説の確証か « WIRED.jp

化石をCTでスキャンするなんて思いついて実行にうつした人を尊敬しちゃいます。真柴綾音(天海祐希)がでも恐竜の色はわからないでしょう・・・なんて、言ってましたが、CGやCTを駆使。進化する恐竜学 — 探求者たち – 朝日新聞GLOBEによると「メラニン色素をつくる小器官メラノソームが化石に残っており、その形から色を推定できた。」となっており着実に恐竜の実像に迫っているみたいです。

ガリレオが見破って、岸谷が証拠をつかんだトリック

トリックは浄水器に仕掛けたヒ素とコーヒー一杯分のみ残したミネラルウォーター。これだけでは普通のトリックだけど、仕掛けてから1年間は救済のために執行猶予期間としたことが尋常ではない。絶対に浄水器を使わせずにミネラルウオーターだけを使わせていた。

そして、期限切れになって夫である真柴義之(堀部圭亮)の考えが変わってないことを確認したら、自分は実家へ行っている間に死ぬようにコーヒー一杯分のみ残したミネラルウォーターを用意するという考えたトリック。しかも、帰ってきた時に残留ヒ素を検出されないようにお花に水を上げるという理由で浄水器から水を流して警察官の前で証拠隠滅という大胆な行動。

しかし、花が枯れるまでは考え至らずで証拠を掴まれてしまいました。

しかし、ヒ素の入手はどうしたんだろう? 入手経路などを洗うなどすればそちら方面からばれそうな気もするのですが。

最後に雷による人の死亡が語られていましたが、次の作品に繋がるのかな???

エンディングでは各話のハイライトシーンが流されていくというスタイルでしたね。ああ、あのシーンだなんて思い出されました。来週からちょっと寂しくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました