「私のオオカミ少年」観ました!

「トキメキ☆成均館スキャンダル」のク・ヨンハ役を演じたソン・ジュンギが主演ということで話題になっている「私のオオカミ少年」を観ました。封切後に1か月半経過しているので映画館がシネマート六本木に変更になった直後に見に行きました。見ていた人数は約6名くらいでした・・・。

オオカミ少年 (3 DISC) <初回ナンバリング限定版>/ドラマ (2012)
B00CBBUJJ8

 

オオカミ少年と心を閉ざした少女との純愛物語か?

少女スニ(パク・ボヨン)はオオカミ少年であるチョルスを最初は遠ざけていたけど、徐々に受け入れていく。決定的な出来事は街中で鉄骨が落ちてきたのをチョルスが身を挺して守ったこと。この事件を境にして少女スニ(パク・ボヨン)はチョルスは打ち解ける。

スニは犬の飼い方の本を参考にしてチョルスを”しつけ”ていく。「待て」と「待ての終わり」でしつけをしていく。しつけと同時にスニは文字や靴紐の結び方をも教えていく。

そんなスニに心惹かれていくチョルス。チョルスの純粋さに心惹かれていくスニ。

ただ、スニとチョルスの結びつきってペットと人間の結びつきに見えてしまう。純愛というなら二人が分かれる事件となった後に結婚して子供を産んでおばあちゃんになるまで戻ってこないなんてことはしないはず。ほとぼりが冷めたくらいでやってくると思うのだけど。

もちめん、男性視線で見ているからそう感じるわけで、女性視線からするとまるっきり違ってくるんでしょうね。

イケメンな純粋でちょっと変わった男性と初恋して、劇的な別れをして、その後は人間の女性としての幸せをつかんで、そして、気づいたら初恋の男性が未だに思ってくれていた。

これって、女性の望みうる究極の恋のあり方というかファンタジーなんでしょうね。だから、韓国で700万人が見たというヒットになったのでしょう。

ソン・ジュンギがほぼセリフのない役をうまく演じていたと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました