しょくい — 食医とは?

宮廷女官チャングムの誓いの第37話で、チャングムが皇太后との賭けのために出した謎々の問題で「ショクイ」という言葉が出てきました。私は話の流れからなんらかの明国の仕事上の職制をあらわしているのだなという理解で職位と解釈しましたが、他のブログを読んでいると違うようなので調査してみました。


そうすると、台所を預かる主婦は、現代の「食医」であるとあるではないですか。こちらの医食同源の思想-成立と展開にも「中国古代には食事治療専門医がいたという。『周礼』天官に定める四種の医師の筆頭の食医がそれで」と書かれています。埼玉県薬剤師会の医食同源にも「周礼(しゅうらい)」の中で 「食医(内科医)」・・・」とあります。こちらが、平易にまとめられているページ中医栄養学では、「中国では古代から食医という制度があり、<中略>また食医は医者の中でも最上位に位置され皇帝の健康を管理していました」。ときっぱりと書かれています。医食同源という考えの中で食医というお役目の人がいたわけですね。さらに、興味のある人は下記のアマゾンのリンクに関連する本が出ていますのでどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました