「PENTAX K-3 体験イベント」で高解像感を味わった!

_DSC3968

_DSC3969

WillVii社のお誘いで発表されたばかりの「PENTAX K-3」を触ってきました。参加者一人一台用意されていて自由に撮影や操作をすることができました。ただし、SDカードは勝手に取り外しができなくて後日、サイズを落とした形でダウンロード可能な形で提供を受けました。まだ、試作機という位置づけのための措置です。

17644-2260-293498

ボディ内手ぶれ補正機構

私がおっと思ったのはローパスセレクターという機構。これは上の説明図にあるように本体内手ぶれ補正機構”SR(Shake Reduction)が絡んでいます。

ローパスセレクター

露光中にイメージセンサーユニットをサブピクセル単位で微小駆動させることで、光学ローパスフィルターと同様のモアレ軽減効果が得られる”ローパスセレクター”を採用しているのが大きなポイント。

つまり、ローパスフィルターを付けたり外したりしたのと同じ効果が指先一つでできることになります。被写体によってON/OFFを選べることができるようになり、モアレが出そうな被写体にはローパスセレクターをONに、そんな心配のない被写体にはOFFで撮影できます。

したがって、モアレのことを気にすることなくローパスフィルターレスの良さを究極まで求める設計ができることを意味しています。

テディベアの毛並を撮影したデモ画像を見せていただけましたが、ものすごい解像度でした。

↓こちらは撮影しても良い資料でしたので掲載します。

ローパスセレクター

頑張って(?!)モアレを発生させた画像です。発生させるのに苦労したそうです。TYPE1はローパスフィルター相当の効果で、TYPE2はさらに強力にしたもの。モアレはOFF->TYPE1->TYPE2となるに従い目立たなくなりますが解像感は落ちていきます。

_DSC4022

そして、お楽しみのPENTAX K-3を使ってのモデル撮影会。桃井先生からレクチャーしていただけました。一番左に立っている女性がモデルさんです。

荻野沙織さん

荻野沙織さん

残念ながらサイズは1000*665ピクセル1600*1064ピクセル(のものも頂いたので差し替えしています)で、かなり落とされていますので雰囲気だけ感じてください。

今回は一番気になったローパスセレクターを中心に紹介しました。次回の記事からは教えていただいた機能を丁寧に紹介していきます。

17644-2260-293498

コメント

タイトルとURLをコピーしました