PENTAX K-3のファームウェアアップデートする。

2014/2/5にPENTAX K-3のファームウェアがバージョン1.02へアップされたのが掲載されていました。今回のバージョンアップの目玉は「ローパスセレクターブラケット機能」が追加されたことです。

お借りしているWillVii社に聞いたところ、ぜひバージョンアップしてくださいとのことでしたのでもやってみることにしました。

17644-2260-294264

バージョンアップについては→PENTAX Firmware Update Software for K-3|ダウンロードサービス/デジタルカメラ関連ソフトウェア | RICOH IMAGING のサイトを参照してください。

バージョン情報ローパスセレクター

現在のバージョンを確認したら1.00でした。当然、ローパスセレクターはTYPE1/TYPE2/OFF の3つしか選択できないメニューです。

それでは早速、ファームウェアをダウンロードしてアップデートしましょう。アップデートの手順はK-3 ファームウェアのアップデート方法が丁寧に説明されているのでそちらを参考にしてください。

サイズは圧縮されたサイズで13.8MBあります。それほど速いサイトではないようなのでダウンロードはやや待たされます。

ファイル名は「k3_102.zip」です。解凍すると、「fwdc220b.bin」が出来上がります。この、「fwdc220b.bin」をPENTAX K-3でフォーマットしたSDメモリーカードにコピーします。そして、SDメモリーカードをPENTAX K-3に入れて、MENUボタンを押しながら電源を入れると、

ファームウェア ファームウェア NOW LOADING

上記の画面が出てきますのでスタートを選択してOKします。そうすると「NOW LOADING」の表示が点滅します。ここで、私はよそ見していたらモニターがブラックアウトして電源が知らない間に落ちてしまっていました。どうやら、「COMPLETE」の表示を見落としてしまったようです。

「K-3 ファームウェアのアップデート方法」には、この部分を

画像モニターに「COMPLETE」 と表示され、アクセスランプが点滅した後、どちらも消灯しましたら
アップデートは完了です。

と微妙な書き方をしているので慌ててしまいました。では、一旦電源スイッチをOFFにしてONにしてみます。

そうすると、ちゃんと立ち上がりました。バージョンを確認してみます。

バージョン情報

無事に1.02に更新されています。

ローパスセレクター ローパスセレクター

ちゃんと「ローパスセレクターブラケット機能」が追加されています。では、早速我が家のタマをモデルに「ローパスセレクターブラケット機能」を試してみます。三脚に固定して撮影しました。

ローパスセレクターブラケット

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-3,31 mm(35mmF), 0.04 sec (1/25),f/3.2,ISO1600,0 EV,2014:02:06 22:56:44,[original]

↑「ローパスセレクターブラケット機能」はOFF/TYPE1/TYPE2を連写で撮影していきます。↑の写真はOFFのものです。「タマ」の顔の部分を切り撮ったものでOFF/TYPE1/TYPE2を比較してみましょう。

ローパスセレクターブラケット

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-3,31 mm(35mmF), 0.04 sec (1/25),f/3.2,ISO1600,0 EV,2014:02:06 22:56:44,[original]
↑OFF

ローパスセレクターブラケット

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-3,31 mm(35mmF), 0.04 sec (1/25),f/3.2,ISO1600,0 EV,2014:02:06 22:56:44,[original]
↑TYPE1

ローパスセレクターブラケット

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-3,31 mm(35mmF), 0.04 sec (1/25),f/3.2,ISO1600,0 EV,2014:02:06 22:56:44,[original]
↑TYPE2

正直に言うとOFFが気持ち解像度が高い感じがするという、あやふやな感想しか持てない・・・。リンク先のFlickrにはオリジナルの画像もありますので是非、ご自分の目で確かめてください。

17644-2260-294264

コメント

タイトルとURLをコピーしました