DEXTER ブロガー試写会イベント

アジャイル・ネットワークさんのご招待で、神谷町にあるパラマウント・ジャパンでDEXTER(デクスター)試写会に参加させていただきました。レンタルが2009年2月13日、セルが3月6日からとなっている作品です。

スポンサーのプレゼン パラマウントの方は太っ腹で、入り口から試写会会場内まで撮影許可がでていますので、自由に撮影させていただきました。

最初のプレゼンテーションの中で興味を惹いたのが、スタートレックの新作の話。初代スタートレックをリアルタイムで観ていた視聴者としては一刻も早くみたい作品です。

それで、デクスターですがアメリカでは既にシーズン2が放映されており、人気度は「Lの世界」の二倍の視聴者数を得ている人気ドラマ。しかし、内容は地上波では放映できないような残酷シーンがあり好き嫌いが極端に別れそうな内容。国によっても受け入れ可能なところとダメなところがでてきそう。パラマウント・ジャパンはデクスターにマーケティング活動を注ぎ込むと言われているので、かなりの賭けになるような気がする。

好き嫌いが分かれるポイントは、

  1. 残酷シーンやグロいシーン
  2. 主人公であるデクスターが昼は血痕鑑識官、夜は殺人鬼

2については殺人の対象が法の裁きを受けていない殺人者である部分が、デスノート的でモラル的に受け入れられるのか、あるいは受け入れられなくてもデクスターに感情移入できるかがファンになれるかどうかの分かれ目。

試写会では1話だけだったが、これだけだと、私はこれ以上見れるかどうかは微妙。導入として、本編を見る前にデクスターの魅力的な部分を先行でばらさないと2話以降観る意欲がでないのではと思った。

お土産で、4話まで入っているディスク1を頂いたので、内容のレビューは4話まで観たあとにしたい。

また、今週発売のニューズウィーク日本版に付録でデクスターの1話目が収録されたDVDが付くので、発売日まで待てない興味のある人は雑誌を買いましょう。

閉会のあいさつ
懇親会の風景--閉会の挨拶されているシーンです。

お土産
豪華なお土産。プレスキットに第一話~四話が入っているDisk1、そしてお人形!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました